イノシシに遭遇した場合は

更新日:2020年1月7日

最近、住宅地付近や通学路にイノシシが出没することが多くなっています。
イノシシは、臆病な動物で本来は人を積極的に襲うことはありません。
万が一、イノシシと遭遇してしまった場合は、次のことに注意して落ち着いて行動してください。

目撃情報

令和元年12月30日(月曜日) ちはら台西5丁目付近
令和元年12月31日(火曜日) ちはら台南2丁目付近
令和2年1月1日(水曜日) ちはら台南2丁目付近
令和2年1月2日(木曜日) ちはら台南2丁目付近
令和2年1月6日(月曜日) ちはら台南2丁目付近
令和2年1月7日(火曜日) ちはら台西2丁目付近

刺激を与える行為はやめましょう

向き合ったまま、ゆっくりと距離を取りましょう

次のような行為は、イノシシを興奮させる恐れがあります

  • 急に走って逃げる
  • 大声を上げる
  • 石などを投げつける
  • イヌをけしかける(散歩時は、リードをつないでおきましょう)

興奮したイノシシと遭遇してしまった場合…

既に興奮しているイノシシと遭遇してしまった場合、速やかにイノシシから見えない場所・高所などに避難しましょう。
興奮したイノシシは、キバを鳴らす・毛を逆立てるなどの行動を取ります

エサを与えないでください

イノシシの餌付けは、人里に頻繁に出没するだけでなく、人を見ても逃げない原因になります。
子どものイノシシであっても、エサを与えないでください。
また、エサになるものを屋外に放置すると、無意識に餌付けしてしまうことにつながります。

お問い合わせ先

経済部 農林業振興課

電話:0436-36-4187

ファクス:0436-36-5662