市原市農業委員会が新制度スタート

更新日:2018年4月27日

市原市農業委員会は、平成28年4月の農業委員会法の改正に伴い、平成30年4月19日から新たな体制に移行しました。
これにより、市長が議会の同意を得て任命した農業委員17人に加え、主に現場で実践活動を担い、農地等の利用の最適化を推進する農地利用最適化推進委員30人を農業委員会が委嘱し、市内各地区に配置しました。

農業委員

平成30年4月19日(木)の「市原市農業委員会委員任命式」において、市長が辞令交付を行い、17人が農業委員に任命されました。
農業委員は、主に農地転用等の許認可等に係る審査業務を担うとともに、「農地等の利用の最適化の推進」(担い手への農地の集積・集約化、遊休農地の発生防止・解消、新規参入の促進)のために活動します。

農地利用最適化推進委員

平成30年4月26日(木)の「市原市農地利用最適化推進委員委嘱式」において、農業委員会会長が辞令交付を行い、30人が農地利用最適化推進委員に委嘱されました。
農地利用最適化推進委員は、主に現場で農地の出し手と受け手のマッチング等の実践活動を担い、「農地等の利用の最適化の推進」(担い手への農地の集積・集約化、遊休農地の発生防止・解消、新規参入の促進)のために活動します。

お問い合わせ先

農業委員会事務局

電話:0436-23-9837

ファクス:0436-23-9707