中山間地域等直接支払制度

更新日:2014年8月29日

中山間地域等直接支払制度について

中山間地域等直接支払制度は、平地の農地と比べて農業生産条件が不利な中山間地域等における農業上の不利性を交付金で補正する制度です。

交付金の交付を受けるには、集落で農地の管理方法や役割分担を取り決めた『協定』を締結し、対象地域内の対象農用地において、5年間以上農業生産活動を継続することが必要です。
制度の詳細につきましては、農林水産省のホームページを参照してください。

市原市の基本方針について

中山間地域等直接交付金を円滑かつ効果的に実施する上で必要な事項として、集落協定・個別協定の共通事項、集落相互間等の連携、交付金の使用方法、生産性・収益の向上、担い手の定着、生活環境の整備等に関する目標について下記のとおり市原市基本方針を定めております。

市原市の実施状況

市原市における中山間地域等直接支払制度の取り組み状況になります。

お問い合わせ先

経済部 農林業環境整備課

電話:0436-36-5661

ファクス:0436-36-5672