【観光地おもてなし事業】里山保全活動の記録

更新日:2019年1月8日

観光地おもてなし事業とは?

小湊鉄道の里山トロッコ列車の運行に合わせ、小湊鉄道沿線の景観を観光資源として磨き上げるため、本市南部地域の活動団体の皆さんが、倒竹木などの伐採や処分、花木の植栽、イベント等の広報活動を行っています。本市も、活動団体へ補助を行い、共に保全活動に参加するなど、支援を進めております。

平成28年度 養老渓谷駅周辺

養老渓谷駅手前にある急斜面の竹藪

小湊鉄道からの景色が良くなることはもちろんのこと、反対側の丘にある駐車場から小湊鉄道を撮るためのスポットづくり(竹などの伐採)を行いました。

平成29年度 月崎駅周辺

月崎「のだっぽり」

月崎駅~養老渓谷駅間にある「のだっぽり」と呼ばれる平地。長年放置され、完全に山の一部となっていたところを、重機なども用いて、大規模な整備を行っています。現在は、春の菜の花、夏のアジサイ、秋の紅葉と四季折々の景色を生み出し、小湊鉄道や車道から望むことができる写真スポットの1つとなっています。

毎年2、3回、ボランティアも募って、50人ほどで行う大規模な草刈り

造園業者が見守る中、全員で約400本の苗木を植樹!

竹藪となっていた箇所も、植樹した箇所がよくわかるほど開けた明るい場所に!

その他

地元の方がすべて手作業でイルミネーションを飾りつけ(小湊鉄道上総牛久駅~養老渓谷駅間)

駅周辺の桜の若返りを目指して(写真:月崎駅)

種取りから種まきまで、人の手が加わることで、美しい菜の花が守られる(写真:石神菜の花畑)

保全活動実施場所の今は?

お問い合わせ先

経済部 観光振興課

電話:0436-23-9755

ファクス:0436-22-6980