このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

市長室

ごあいさつ

 今、市原市は、少子高齢化の急速な進行とともに、転出超過数が県内でもワースト上位にあるなど、人口減少社会への対応が待ったなしの状況にあるほか、世界経済の情勢変化などによる税収減と社会保障関連経費の増加などにより、大変厳しい行財政運営を迫られています。

 一方、市原市は都心から50キロ圏内にあって、豊かな自然や肥沃な農地に恵まれ、古代から受け継がれてきた伝統や文化、五井駅東口に創出された都市交流拠点などの多彩な資源を有しており、私は、これらのポテンシャルを最大限に活かし、未来に向かって、持続的に発展させていきたいと考えています。

 市政推進にあたりましては、市民本位の未来に責任の持てる確かな市政を実現し、市民の皆様が夢と誇りを持ち、安心・安全な環境創出のもと、新たな価値を生み出すまちづくりを進めてまいります。

                                      市原市長 小出 譲治

市長の動き

平成29年1月14日
第43回市原高滝湖マラソン(高滝湖畔)

 今年で43回目を数える伝統ある大会として、また、新年走り初めの大会として日本中の市民ランナーが集う、市原高滝湖マラソンの開会式に出席し、スターターを務めさせていただきました。
 北は北海道、南は九州長崎から参加した2千人を超えるランナーたちは、快晴の高滝湖畔の美しい景観を楽しみながら走っていました。

平成28年12月4日
児童福祉に関するポスター・標語コンクール表彰式(市役所ロビー)

 児童福祉の理念を広く周知することを目的とした、児童福祉に関するポスター・標語コンクールの表彰式に出席し、優秀な作品を応募した14名の児童・生徒たちに表彰状を贈りました。
 約千点の応募作品の中から選ばれた入賞作品は、地域ぐるみの子育ての大切さや、未来に向けた希望が伝わる素晴らしいものばかりでした。

平成28年11月19日
青少年健全育成推進大会(勤労会館)

 次代を担う青少年を人間性豊かに育成するため、地域に根差した青少年健全育成活動の更なる推進を図る「青少年健全育成推進大会」に出席しました。
 家族の大切さを綴った標語や、薬物の危険を訴えるポスターなど、優秀作品の表彰とともに、子どもたちによる、市原市の未来についての「少年の主張」の発表が行われました。

平成28年11月6日
第14回姉崎門前市(妙経寺参道)

 姉崎地区の商工業を広く市民にPRするとともに、郷土の歴史と文化への想いを深め、地域商工業の発展と地域の活性化に寄与いただいている「姉崎門前市」に出席しました。
 地元名産の「姉崎だいこん」を使ったD-1グルメの紹介をはじめ、ステージでは様々なパフォーマンスが披露され、好天にも恵まれた会場は、大いに賑わいました。

平成28年10月23日
健康まつり(保健センター)

 市民の皆様が健康で心豊かな生活を送るための正しい知識の普及と啓発を図り、健康づくりへの意識を高める「健康まつり」に出席しました。
 開会式で来場者の皆様に、「自らの健康づくりに役立つ情報をひとつでも多く持ち帰り、家庭や地域で実践していただき、健康づくりの輪を広げて欲しい」というメッセージを伝えました。

平成28年9月24日
花プロジェクト2016(里見駅ほか)

 南市原の活性化と観光振興を図る「花プロジェクト」に出席し、市内外から訪れた約700名の参加者と、小湊鉄道沿線に菜の花の種まきを行いました。
 咲き誇る菜の花の中を小湊鉄道が颯爽と走る幻想的な風景は、今年の春もテレビ番組や旅行雑誌など、数多くのメディアで取り上げていただいています。

平成28年8月21日 
第50回青少年のつどい市原市大会(ゼットエー武道場)

 次代を担う青少年が、スポーツを通じて親睦と友情を深めるとともに健康な体力づくりを目指す「青少年のつどい市原市大会」に出席しました。
 この大会も50回目と、今では夏の恒例行事となり、半世紀もの長きにわたる青少年健全育成への取り組みに対し、関係者に敬意と感謝の言葉を贈りました。

平成28年7月9日
市原市少年の翼結団式(東海大市原望洋高校講堂)

 市原市の小学生が海外でスポーツの親善試合を行う「市原市少年の翼」の結団式に出席し、選手たちに「現地の方と積極的に交流し、異国の文化を心と体で感じて欲しい」というメッセージを贈りました。
 市原市の代表選手たちは、サッカーはベトナムで、ミニバスケットは台湾で、国際交流の輪を広げます。

平成28年7月3日 
市原市水防訓練(養老川河川敷)

 台風や集中豪雨による河川のはん濫被害を最小限に防ぐための水防訓練に出席しました。
 訓練には、養老川近隣の自主防災会・消防団をはじめとする400名以上の関係者が参加し、市民の安全と財産を守るための水防工法や人命救助技術の習得に汗を流しました。

平成28年6月26日(日)
市原市消防操法大会(市原市総合防災センター)

 各地域の代表支団が日頃の訓練の成果を競い合う「市原市消防操法大会」に出席し、市民の生命と財産を守る消防団員の皆様に感謝と激励の言葉を贈りました。
 大会では、強豪加茂支団を代表する第8分団が優勝しました。加茂支団第8分団は、直後に行われた千葉県千葉支部大会でも見事優勝し、千葉県消防操法大会への出場を決めています。

平成28年6月19日(日)
少年相撲教室(市原市ゲートボール場)

 多くの方々のご厚意とご協力により開催された「少年相撲教室」に出席しました。
 当日は、境川部屋からお越しいただいた、大関の豪栄道関をはじめ、たくさんの現役力士が子どもたちに稽古をつけました。また、教室終了後にはちゃんこ鍋も振舞われ、会場を訪れた千人を超える市民の皆様には、終始笑顔があふれていました。

平成28年5月22日(日)
第40回八幡臨海まつり(八幡運動公園)

 八幡地区の初夏を彩る恒例行事となっている八幡臨海まつりに出席しました。
 地元の町会、商店会や企業が一体となって行われる取り組みも今年で40回目を迎え、好天に恵まれた会場には多くの市民が集まり、踊りや音楽の演奏、模擬店などの催しを楽しんでいました。

平成28年5月21日(土)
第30回湿津小学校交通安全パレード(湿津小学校)

 今年で30回目を迎える湿津小学校の交通安全パレードに出席しました。
 長年にわたり、地域が一体となって児童の交通安全のための活動に取り組んでいただいていることに感謝の言葉を贈るとともに、子どもたちや保護者の皆様、パトカー、白バイとともに、快晴に恵まれたグラウンドを行進し、交通安全への思いを新たにしました。

平成28年4月29日(金)
第24回いきいき市原ワンデーマーチ(養老渓谷)

 新緑の美しい養老渓谷の素晴らしい自然に親しみ、心とからだの健康づくりを推進する、いきいき市原ワンデーマーチの出発セレモニーに出席しました。
 参加者の皆さんは、都心に一番近い里山といわれる南市原の大自然と、みそ汁、足湯、綿あめ、ポップコーンの無料サービスなど、地元の全面協力による温かいおもてなしを満喫していました。

平成28年4月27日(水)
帝京平成大学との連携協力に関する包括協定調印式(市役所)

 相互の更なる発展に向け、帝京平成大学との連携協力に関する包括協定の調印式に出席しました。
 帝京平成大学は、その幅広い専門知識、技術及び人材を地域社会に還元し、市原市は、教育研究に係る活動の場と発表の機会を提供するなど、大きな目標や課題解決に向け、人的、知的、物的資源の交流・活用を図ることとなりました。

平成28年3月19日(土)
平三小学校閉校記念式典(平三小学校)

 4月から鶴舞小学校と統合する平三小学校の閉校記念式典に出席し、これまで学校を支えてくれた地域の皆様への感謝の言葉と、児童たちには「平三小学校で過ごした日々に誇りを持ち、高い志を持って未来に向かって欲しい」というメッセージを贈りました。
 平三小学校は、明治9年に開校して以来、1896人の卒業生を送り出し、140年という長い歴史に幕を降ろしました。

平成28年3月15日(火) 
いちはら高齢者見守りネットワーク事業協定書調印式(市役所)

 民間事業者等における高齢者の見守り活動への協力体制を整備し、地域における日常的な見守り活動を補完する「いちはら高齢者見守りネットワーク事業」の協定書調印式に出席しました。
 この日の協定の締結により、協力事業者は、市内の全郵便局をはじめとする29団体となりました。

平成28年2月12日(金) 
ジビエ料理試食会(市役所食堂)

 近年、野生獣による農作物被害が拡大していることを受け、地方創生先行型事業として開発を進めていた、イノシシ肉を使った料理と加工品の試食会に出席しました。
 マイナスイメージである有害獣を、「ジビエ料理による地域経済の振興」につなげる先進的な取組みとして、多くのメディアに取り上げていただきました。

平成28年2月6日(土) 
第48回市原市町会長大会(市民会館)

 市内の町会長・自治会長が一同に会する町会長大会に出席し、日頃の活動への感謝とねぎらいの言葉を送るとともに、「新しい市原市」づくりへの決意を伝えました。
 また、長年にわたり地域のコミュニティづくりにご活躍いただいている46団体と99名の皆さんに感謝状を贈呈しました。

平成28年1月24日(日) 
第3回いちはら未来会議(サンプラザ市原)

 現在策定中の「新総合計画」における将来都市像を達成するために、「10年後に目指すまちの姿」や「達成のために何をすべきか」を考える会議「いちはら未来会議」に出席しました。
 市民と行政の連携によるまちづくりのために、17歳から94歳までの100名を超える市民の方々とともに、いちはらの未来について検討しました。

平成28年1月11日(土) 
第10回更級旗全国中学校選抜剣道大会(ゼットエー武道場)

 全国の強豪校や、県内の模範となる学校の中から選抜された男女各54チームが集まる剣道大会に出席し、選手・関係者に激励とねぎらいのメッセージを贈りました。
 本市からは男女合わせて8チームが出場し、全国から訪れた500人を超える剣士たちとともに熱戦を繰り広げました。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る