このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

沿革概要

更新日:2015年9月29日

沿革概要

昭和22年5月10日学制改革に伴い東海小学校の一部を併用して開校
10月1日第1校舎を廿五里に移籍着工し、同年12月に独立校舎竣工
29年11月3日町村合併により、五井町立東海中学校と改称
37年5月10日新校舎落成移転
8月25日校歌・校旗制定、体育倉庫建設
38年3月31日特別教室(技術室2、家庭科室4、理科室1)竣工
5月1日市原市が誕生し、市原市立東海中学校と改正門・バックネット完成
ミルク給食開始
44年3月体育館落成
45年7月5日運動部室1棟建設
48年3月20日校庭拡張工事完了(7,289平方メートル)
50年5月プール竣工(25m7コース)・バックネット新設
54年8月体育倉庫1棟建設
58年3月校舎増築(普通教室3、音楽室1、美術室1、視聴覚室1)
部室1棟(4室)新設、旧校舎改造
60年3月新校旗制定
平成元年3月特別教室棟新設(技術科室1、家庭科室1、理科室2)
特別教室棟取り壊し
2年3月柔剣道場竣工
11月校歌碑建立(柔剣道場落成記念事業)
4年3月コンピュータ室完成
8年11月創立50周年記念碑建立
15年12月トイレ全面改修工事終了
16年7月カウンセリングルーム新設
19年3月学校耐震工事終了
23年4月千葉県福祉教育推進校指定
24年4月きずな学級開設
25年4月かがやき学級開設
26年3月体育館耐震工事終了
千葉県福祉教育推進校終了

校章のいわれ

昭和二十二年五月、六・三学制の施行に当たり、初代校長川名信雄氏の発案によって制定されたものである。
学徳の士、官原道真公の元服の際、母堂がわが子の限りない成長と栄達を祈念して詠んだ歌、「ひさかたの月の桂も祈るばかり家の風をば吹かせてしがな」の気持ちを、本校に学ぶ子らにたくして「月桂冠」を選んだのである。
また、古代ギリシャのオリンピア競技における勝利のしるしである。
「月桂樹の冠」にも囚んでいる。
「月桂冠」で全体をまるく形どってあるのは、知育・道育・体育の三位一体の円満な人間形成を図ることをあらわしている。

お問い合わせ先

市原市今富477番地
電話:0436-36-1682 ファクス:0436-36-7679

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る