このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

活動の様子

(2019年12月3日)2年生が校外学習に行ってきました!

1年生の校外学習に引き続き、今年も小雨が舞う中、2年生は元気に校外学習に行ってきました。
初日は、通勤ラッシュで混み合う電車の中で、働くお父さんお母さんの苦労を実体験しながら、日本テレビ・ANA機体整備工場・Yahoo Japan本社・警視庁などなど、日本をリードする企業や官公庁の見学と都内散策。宿ではルーからのカレー作り。ルーの塊を丸ごと鍋の中に入れてしまって慌てて取り出すというハプニングや、野菜嫌いの担任の先生のお皿にニンジンを大量投入といういじわるもありながら、みんなでおいしく完食。
2日目は、雨が降る中、高尾山登山を決行!関東一円雨天の予報でしたが、高尾山だけは雨が止んでいるという奇跡。斜面との格闘の末、無事登頂。気温8度の寒さの中、多くの生徒がソフトクリームをほおばるという熱い魂を見せながら脳内はお土産でいっぱい。班ごとに楽しく下山し、無事ち西中に帰ってきました。
5ヶ月後には、修学旅行。次こそは、晴れてほしいと願いつつ、校外学習の報告を終わります。

(2019年11月21日)1年生が校外学習に行ってきました

11月20日(水)に1年生が東京方面に校外学習に行ってきました。ちはら台駅、鎌取駅を班ごとに出発し、東京の有明・浅草・上野方面へ向かいました。
有明ではいよいよ来年に迫ったオリンピックの会場を見学。着々と準備の進む様子を肌で感じてきました。
浅草では観光客の多さ、なかでも外国人観光客の多さに驚きながらも、東京に残る下町の風情を感じてきました。
公共交通機関を使い、自分たちだけの力で行動する1日でしたが、上野公園の集合には、全班無事に時間通りに辿り着くことができました。今回の校外学習、また、それまでの準備の中で培った力を今後さらに伸ばしていってほしいと思います。

(2019年11月20日)授業参観とPTAバザーがありました

  11月16日(土)に授業参観とPTAバザーがありました。授業参観では、生徒が日ごろの取り組みの成果を発揮して、それぞれがいつも以上に発表に取り組んだり、課題に向き合ったりする姿が見られました。授業参観後にPTAバザーが行われました。PTAの方々が、この日に向けて前日だけでなく、何か月も前から準備を進めてきてくださいました。そのおかげで、バザーは大盛況で、生徒たちは楽しそうに過ごしていました。

(2019年11月1日)2年生が職場体験学習に行ってきました

  10月30日、31日に地域の多くの方々がご協力のもと、職場体験学習を行いました。飲食業や販売、福祉など様々な仕事を体験するにあたり、事前に職業について調べ、打ち合わせをして当日を迎えました。仕事の中にはお客様一人ひとりに接客をすることを始め、普段は見ることができない、スーパーや書店の裏方の作業や消防署では救命救急のやり方を実際に行うなど貴重な2日間になりました。生徒たちも職場体験を通して、社会人としてのマナーや礼儀だけでなく、働くことの大変さややりがいを肌に感じながら一生懸命に活動しました。当たり前のように過ごしている日常の中にもこうしてたくさんの人が支えあいながら成り立っていることに生徒も気づかされたことと思います。この度、生徒のためご協力してくださった地域の皆様には心から感謝申し上げたいと思います。

(2019年10月28日)西中祭がありました

 西中祭がありました。今年度のテーマは『輝』でした。生徒一人一人が、合唱や文化部の発表で輝けるように、という思いが込められています。テーマの通り、今まで練習してきた成果を存分に発揮して、素晴らしい発表をしていました。

(2019年10月15日)2学期が始まりました

 1学期がいよいよ終わり、2学期が始まりました。1学期は、生徒総会、体育祭、修学旅行等のたくさんの行事があり、生徒は充実した日々を送っていたように感じます。2学期には、2年生が西中のリーダーとして動き出したり、西中祭、3年生を送る会などの行事もあります。それぞれが1学期を振り返り、より充実した2学期を送れるように願っています。
 写真は、10日(木)に行われた駅伝大会の写真と、11日(金)の終業式の様子です。駅伝大会では、男子Aが7位入賞、女子Aが3位入賞(県大会出場)でした。

(2019年10月2日)生徒会役員選挙がありました

 10月1日に生徒会役員選挙がありました。2学期からのちはら台西中学校を担っていく代表を選出する選挙で、立候補者・応援演説者が所信や思いを一生懸命に伝えました。聞いていた全校生徒の姿勢も大変すばらしく、とても良い時間となりました。これからのちはら台西中学校を、代表のみなさんとともに全校で盛り上げていきましょう。

(2019年9月26日)音楽鑑賞教室がありました

 音楽鑑賞教室がありました。千葉交響楽団の方々の演奏を聴いたり、演奏に合わせて合唱をしたりと、素敵な時間を過ごすことができました。
(生徒の感想)
 まず、最初の音からのまとまりと、聞いていて気持ちの良いハーモニーでぐっと心がつかまれました。全員が音の粒の大きさ、長さなど細かいところまで集中していて、いつまで聞いていてもあきない演奏で、とても尊敬の気持ちがわきました。私は吹奏楽部に所属しており、普段、私たちが注意していることが千葉交響楽団のみなさんは、そのすべてにおいて完璧で技術の面でも心を動かされました。しかし、それ以上本当に一人ひとりが自分のやりたい音楽をやっていて、かつ、その音楽が全員一緒で私たちの目指しているものが今日見られて本当にうれしかったし楽しかったです。感謝の気持ちでいっぱいです。(吉村萌絵)

(2019年9月19日)選挙活動が始まりました

 10月1日に生徒会役員選挙が行われます。これからのちはら台西中学校を担うリーダーを選出する選挙です。今年も多くの立候補者が出てきました。朝や昼の選挙活動も始まり、立候補者の一生懸命な様子から、意気込みが伝わってきます。残り二週間ほどですが、全校生徒で真剣に取り組んでいってもらいたいと思います。

(2019年9月5日)夏休みが終わりました

 夏休みが終わり、いよいよ学校が再開しました。夏休み中に行われた大会・コンクールでは、どの部活動も健闘し、特にソフトテニス部・ソフトボール部は県大会に出場しました。そしてソフトテニス部では個人で関東大会に出場しました。9月から10月にかけて、学校の仕事や部活動で引継ぎが行われます。先輩方から受け継いできたバトンをしっかり次につなげるように、気持ちを引き締めていきましょう。

(2019年7月11日)総体選手壮行会がありました

 今週末からいよいよ夏休みに入ります。夏休みに入ると、いよいよ運動部は総合体育大会、吹奏楽部はコンクールがあります。今日の壮行会では、大会やコンクールに向けた各部の意気込みを話してもらいました。今までの努力を発揮したいという気持ちや、仲間と団結を感じることができました。生徒を代表して、総合文化部の部長から選手たちに激励の言葉が言い渡されました。総体、コンクールに参加する生徒のみなさん、最後までがんばってください!

(2019年6月26日)スマホ・ネット安全教室がありました

6月25日(火)にスマホ・ネット安全教室がありました。生徒のスマホ・ケータイ所有率は非常に高く、SNSなどの利用機会も非常に多いことから、このような教室が開かれました。青少年指導センターの方々から、スマホ・ネット利用から想定される危険性の話があり、全校生徒が真剣に話を聞いていました。最後の校風委員長の話にもあったとおり、今後の生活に生かしていってもらいたいと思います。

(2019年6月21日)学校施設のあり方に関する意見交換会がありました

6月20日(木)に学校施設のあり方に関する意見交換会がありました。生徒、教職員、PTAの参加者が、学校環境について意見交換をしました。

以下、ちはら台西中の参加生徒の感想です。
・参加をしてみて思ったことは、まず前提として地域の方々、PTA、先生などに大きく支えられていることがとても感じました。また、今の状態でも、多くの問題点はあったけれど、自分たちが解決できるもの、できそうなものもあったので、自分たちも良い環境、周りから応援される学校にしていきたいと思っています。(鶴岡晴空)
・ち西は恵まれていると改めて思いました。施設自体の改善というので自分にすることはできませんが、ゴミを拾ったりできる事を行い、今の環境を維持できるようにしていきたいと思います。そして、教員の方々やPTAの方々の改善して欲しい点を聞いて、自分たちのことだけでなく、生徒のことを考えた案があり、とてもありがたいと思いました。(小島稔也)
・話合いをする中で改善して欲しい点も見つかりましたが、それよりも自分たちがいる環境がとても良いということに改めて気づかされました。今後、後輩たちも気持ちよく使えるようにきれいな状態を保って、次の学年につなげていきたいです。(薄井大樹)

・あまり自分の学校の施設のことを考えることがなかったのでよい機会になった。話合いの方法とかも勉強になったので、委員会に生かしていきたいと思った。(北原光菜)
・今回このような話合いに参加させていただいて、いろいろな立場がそれぞれに合ってそれぞれで悩みだったり、思うことがあるんだなと思いました。今回僕は学校のトイレについて考えました、普段あまり感じていないことでも、いろいろなことが見えてくるんだなと思いました。今後、このような機会があるか分かりませんがこの体験を無駄にしないようにしたいと思います。(池田晃人)

(2019年6月17日)6月の生徒集会がありました

6月14日(金)に生徒集会がありました。今回の生徒集会は、保健委員会の発表でした。日々学校生活を頑張っていますが、暑さが厳しくなってきました。保健委員会が正しい体調管理の仕方を楽しい劇やゲームを交え、伝えてくれました。また、6月17日の総体陸上に向けて、壮行会を行いました。テスト期間中も一生懸命頑張っていた選手の皆さんを生徒一人一人が応援できる学校を作れるように生徒会本部一同も頑張っていきたいと思います。(生徒会長:鶴岡晴空)

(2019年6月14日)1学期中間テスト・ボランティア清掃がありました

6月10日(月)、11日(火)に1学期中間テストがありました。1年生にとっては初めての中間テストでしたが、真剣に集中してテストに向かっていました。今後の勉強の取り組みに反映していってもらいたいです。また、11日(火)のテスト終了後に、地域清掃ボランティア活動がありました。天候不順のため、今回は生徒のみの活動になりました。校内外の草取り、ゴミ拾いに取り組み、きれいな環境作りに貢献しました。

(2019年6月6日)体育祭が行われました

6月1日(土) に体育祭が行われました。今年度のテーマは「疾風迅雷」でした。テーマのごとく、全校生徒で躍動感あふれる体育祭を創り上げました。今年の総合優勝は黄組、応援賞は赤組、看板賞は青組でした。クラスや学年の垣根を越えた絆が深まった、よい行事になりました。

(2019年5月31日)体育祭前日です

6月1日(土)に今年度の体育祭が行われます。これまで体育祭の練習を、実行委員などの生徒が中心となって準備を進めてきました。応援団中心に、赤、青、黄三色それぞれの団結も高まってきました。暑さに気をつけて、全力を出し切れるように頑張りましょう。

(2019年5月24日)PTAバレーの壮行試合がありました

5月23日(木)、ちはら台西中学校の体育館にて、PTAバレーの壮行試合がありました。職員と保護者による精鋭チームと、より一層パワーアップしたお母さん方のチームの戦いが繰り広げられました。例年完敗していた職員チームも今年は善戦した場面もありました。大会は6月15日(土)です。大会での活躍を願い、ち西中PTAバレーをみんなで応援しましょう。

(2019年5月17日)オリンピック教室がありました

5月14日(火)・15日(水)に、2年生を対象とした、オリンピック教室が開かれました。
1・2組はラグビー選手の中村知春さん、3・4組はバスケットボール選手の村上睦子さんを迎え、それぞれの競技を実際に体験したり、オリンピックの価値「Excellence(卓越)」、「Friendship(友情)」、「Respect(敬意/尊重)」について学んだりしました。
生徒達はオリンピアンの話を真剣に聴いており、今後に活かしたいという決意が見られました。

(2019年5月16日)3年生が修学旅行に行ってきました

5月8日(水)~10日(金)にかけて、3年生が関西方面に修学旅行に行ってきました。1日目は奈良方面を、2・3日目は京都市内を班行動しました。自分たちで決めたルールを守りながら、自分たちの学びになるように仲間と協力して活動していました。反省の集会では、学んだ事を今後に生かすように意識することを、全体で確認しました。

(2019年5月7日)さまざまな行事が行われました

10連休もおわり、いよいよ令和元年がスタートしました。
4月は、生徒が主体となって、新入生歓迎会、生徒総会、体育祭の色決め集会が行われました。新入生歓迎会では、専門委員会や部活動の紹介がありました。生徒総会では、今年度の生徒会本部や専門委員会の活動方針や内容について確認しました。色決め集会では、自分たちの体育祭での組決めしました。今年度の体育祭の色は、赤・青・黄の三色となりました。

(2019年4月10日)新年度が始まりました

4月9日に新入生149人を迎えて、全校381人で2019度のちはら台西中学校がスタートしました。開校8年目を迎えたちはら台西中学校をよりよい学校にするよう、生徒・教職員一丸となって日々の活動に取り組んで行きます。今年度もよろしくお願いします。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

ちはら台西中学校

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る