このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

学校情報

基本情報

学校名 : 市原市立 市東第一小学校
住 所 : 〒290-0151
       千葉県 市原市 瀬又 1820
電 話 : 0436(52)0656
F A X  : 0436(52)2274

学区の概要

 市原市の東端に位置し、千葉市・茂原市・長生郡と接する。高田・中野・瀬又・押沼・番場・永吉・高倉・金剛地・奈良・東国吉・古都辺の11地区より構成されている。
 学区には、地質学的に有名な瀬又層の露頭が存在し、古くは平将門ゆかりの地として栄えてきた。鎌倉時代からは市東郡と言われ、数多くの埋蔵文化財に恵まれた地域でもある。
 豊かな自然の残る農村地帯であるが、高度経済成長期の京葉工業地帯発展に伴い、JR誉田駅周辺の宅地造成が進み、昭和50年頃から児童数が漸増した。昭和58年には児童数658名18学級になったが、その後児童数は減少し、現在は横這いである。
 平成28年度にバス路線が廃止され、平成29年には地域住民の移動手段として市津デマンドタクシー(デマンド型乗合タクシー)が運行を開始した。

沿革史

1882年(明治15年) 「瀬又小学校」「東国吉小学校」「永吉小学校」の2校が合併し、「三成小学校」として中野光徳寺に開校
1892年(明治25年) 高等科設置「三成尋常高等小学校」と改称
1940年(昭和15年) 「大正小学校」と合併し「市東尋常高等小学校」開設
本校を第一校舎とする
1941年(昭和16年) 「市東村立市東国民学校」と改称
1947年(昭和22年) 「市東村立市東小学校」と改称
1949年(昭和24年) 2校に分離独立、本校を「市東村立市東第一小学校」と改称
1956年(昭和31年) 「市津村立市東第一小学校」と改称
1961年(昭和36年) 「市津町立市東第一小学校」と改称
1963年(昭和38年) 「市原市立市東第一小学校」と改称
1967年(昭和42年) 校歌・校旗・校章制定
1972年(昭和47年) 現在地瀬又1820番地に校舎を新築移転
創立90周年記念行事開催
1975年(昭和50年) プール完成
1977年(昭和52年) 校舎増築(6教室)校庭拡張(4,261平方メートル)
1979年(昭和54年) 校舎増築(5教室)プール移転
1980年(昭和55年) 屋内運動場(体育館)完成
1981年(昭和56年) 校舎増築(3教室・資料室)
1982年(昭和57年) 創立100周年記念行事開催
              100周年記念碑 「ゆたかな心」
1991年(平成 3年) 学力向上研究指定校(市原市教育委員会指定:国語)
2004年(平成16年) 学力向上研究指定校(市原市教育委員会指定:算数)
2007年(平成19年) 基礎学力向上実践校(市原市教育委員会指定)
2009年(平成21年) 外国語活動実践研究校(文部科学省指定)
2010年(平成22年) 外国語活動実践研究校(千葉県教育委員会チバ・インターナショナル・エデュケーションプラン実践研究校・調査研究学校指定、市原市教育委員会指定)
2011年(平成23年) 総合学力外国語活動研究指定校(市原市教育委員会指定)
2012年(平成24年) 創立130周年
特別支援学級「かがやき」(自閉情緒)設置
千葉県教育功労者表彰(学校教育団体の部)受賞
2014年(平成26年) 特別支援学級「おおぞら」(知的)設置
2015年(平成27年) 管理棟耐震工事完了
2016年(平成28年) スクールバスでの登下校開始
2017年(平成29年) 市東第二小学校と統合

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市東第一小学校

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る