○市原市法定外公共物管理条例施行規則

平成13年3月26日

規則第8号

(趣旨)

第1条 この規則は、市原市法定外公共物管理条例(平成13年市原市条例第3号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(許可申請)

第2条 条例第4条第2項の規定による申請及び条例第5条の許可の申請は、次の各号に掲げる当該申請に係る行為の区分に応じ、当該各号に定める様式によりしなければならない。

(1) 占用(条例第4条第1項第1号から第3号までに掲げる行為をいう。以下同じ。) 法定外公共物占用許可申請書(別記第1号様式)

(2) 自費工事(条例第4条第1項第4号に掲げる行為をいう。以下同じ。) 法定外公共物自費工事許可申請書(別記第2号様式)

(3) 採取(条例第4条第1項第5号に掲げる行為をいう。以下同じ。) 法定外公共物採取許可申請書(別記第3号様式)

2 前項の申請を行うに際して添付する書類は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 申請地を中心とする位置図、公図の写し及び実測図

(2) 施設、構造物等を設置する場合は、平面図、縦断面図、横断面図、構造図及び設計書

(3) 利害関係者がいる場合は、その者の同意書

(4) その他市長が必要と認めるもの

3 市長は、第1項第3号の申請書に、その者の債務を弁済し得る資力及び能力のある者を保証人として連署させるものとする。

(平23規則2・一部改正)

(許可の基準)

第3条 市長は、前条第1項の申請に対する許可の可否を決定しようとするときは、別に定める運用指針に基づき決定しなければならない。

(平23規則2・全改)

(許可)

第4条 市長は、第2条第1項の申請について許可したときは、次の各号に掲げる当該申請に係る行為の区分に応じ、当該各号に定める様式(第12条第1項第1号において「許可書」という。)により申請者に通知するものとする。

(1) 占用 法定外公共物占用許可書(別記第4号様式)

(2) 自費工事 法定外公共物自費工事許可書(別記第5号様式)

(3) 採取 法定外公共物採取許可書(別記第6号様式)

2 市長は、第2条第1項の申請について許可しないときは、法定外公共物不許可通知書(別記第7号様式)により申請者に通知するものとする。

(平23規則2・全改)

(申請の取下げ)

第5条 第2条第1項の申請を取り下げようとするときは、法定外公共物許可申請取下届(別記第8号様式)を市長に提出しなければならない。

(平23規則2・追加)

(許可の更新)

第6条 占用について条例第4条第1項の許可を受けた者は、許可の期間満了後引き続き占用をしようとするときは、当該期間満了日の30日前までに第2条第1項の申請書を市長に提出しなければならない。

(平23規則2・追加)

(保守点検等の届出)

第7条 条例第4条第1項の許可(第1号及び第2号にあっては占用の許可に限る。)を受けた者は、次の各号のいずれかに該当するときは、速やかにその旨を法定外公共物届出書(別記第9号様式)に市長が別に定める書類を添えて市長に届け出なければならない。

(1) 占用物件の保守点検又は軽微な変更を行うとき。

(2) 緊急工事、試掘工事等のうち軽易な工事を行うとき。

(3) 氏名又は住所(法人にあっては、その名称若しくは住所又は代表者の氏名)を変更したとき。

2 条例第13条又は第15条の規定による届出は、前項の届出書に市長が別に定める書類を添えてしなければならない。

(平23規則2・追加)

(占用料等の徴収)

第8条 市長は、条例第7条第2項の占用料について、許可の日又は各年度の初日から1か月以内に徴収するものとし、同条第3項の採取料について、許可の日から1か月以内に徴収するものとする。

(平23規則2・旧第5条繰下)

(表示事項)

第9条 条例第11条の標識には、次の各号に掲げる事項を記載しなければならない。

(1) 法定外公共物の名称

(2) 許可の年月日

(3) 許可番号

(4) 許可を受けた者の氏名及び住所(法人にあっては、その名称及び住所並びに代表者の氏名)

(5) 許可の期間

(平23規則2・旧第6条繰下)

(着手届)

第10条 条例第12条第1項の規定による届出は、法定外公共物工事着手届(別記第10号様式)に市長が別に定める書類を添えてしなければならない。

2 条例第13条の規定による原状回復のための工事を行う者は、同条の規定による届出のほか、当該工事に着手しようとするときは、前項の着手届に市長が別に定める書類を添えて市長に届け出なければならない。ただし、市長がその必要がないと認めるときは、この限りでない。

(平23規則2・全改)

(中間検査)

第11条 市長は、必要に応じ条例第4条第1項の許可により行う工事の中間検査を行うことができる。

(平23規則2・追加)

(完成検査)

第12条 条例第12条第2項の規定による届出は、法定外公共物工事完成届(別記第11号様式)に次に掲げる書類を添えてしなければならない。

(1) 許可書の写し

(2) 位置図

(3) 写真

(4) その他市長が必要と認める書類

2 前項の届出をした者は、条例第12条第2項の完成検査に立ち会わなければならない。ただし、市長がその必要がないと認めるときは、この限りでない。

3 市長は、条例第12条第2項の完成検査を行ったときは、その結果について法定外公共物工事完成検査書(別記第12号様式)により通知するものとする。

4 第10条第2項の規定による届出をした者は、当該届出に係る工事が完成したときは、第1項の完成届に同項各号に掲げる書類を添えて市長に届け出なければならない。この場合においては、前2項の規定を準用する。

(平23規則2・追加)

(権利の譲渡)

第13条 条例第14条第1項ただし書の承認を得ようとする者は、法定外公共物権利譲渡承認申請書(別記第13号様式)により申請しなければならない。

2 市長は、前項の承認の可否について、法定外公共物権利譲渡(承認・不承認)通知書(別記第14号様式)により、申請者に通知するものとする。

(平23規則2・追加)

(国等の行う行為の特例)

第14条 条例第18条の規定による協議については、第2条から第12条まで(第2条第3項を除く。)の規定を準用する。

(平23規則2・追加)

(その他)

第15条 この規則に定めるもののほか、法定外公共物の管理上必要な事項は、市長が別に定める。

(平23規則2・旧第11条繰下)

附 則

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月23日規則第17号)

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正前の規則に基づき作成した用紙は、この規則の施行後においても、当分の間、使用することができる。

附 則(平成18年3月13日規則第20号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正前の規則の規定により作成された様式は、この規則の施行後においても、当分の間、適宜修正の上使用することができる。

附 則(平成23年1月26日規則第2号)

(施行期日)

1 この規則は、平成23年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正前の第2条第1項の規定に基づき作成された様式は、当分の間、適宜修正の上使用することができる。

附 則(平成28年3月31日規則第31号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

別記第1号様式(第2条第1項第1号、第6条)

(平23規則2・全改)

画像

第2号様式(第2条第1項第2号)

(平23規則2・全改)

画像

第3号様式(第2条第1項第3号)

(平23規則2・全改)

画像

第4号様式(第4条第1項第1号)

(平23規則2・全改、平28規則31・一部改正)

画像

第5号様式(第4条第1項第2号)

(平23規則2・全改、平28規則31・一部改正)

画像

第6号様式(第4条第1項第3号)

(平23規則2・全改、平28規則31・一部改正)

画像

第7号様式(第4条第2項)

(平23規則2・全改、平28規則31・一部改正)

画像

第8号様式(第5条)

(平23規則2・全改)

画像

第9号様式(第7条第1項、第7条第2項)

(平23規則2・全改)

画像

第10号様式(第10条第1項、第10条第2項)

(平23規則2・全改)

画像

第11号様式(第12条第1項、第12条第4項)

(平23規則2・全改)

画像

第12号様式(第12条第3項)

(平23規則2・全改)

画像

第13号様式(第13条第1項)

(平23規則2・追加)

画像

第14号様式(第13条第2項)

(平23規則2・追加)

画像

市原市法定外公共物管理条例施行規則

平成13年3月26日 規則第8号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第13編 設/第1章
沿革情報
平成13年3月26日 規則第8号
平成17年3月23日 規則第17号
平成18年3月13日 規則第20号
平成23年1月26日 規則第2号
平成28年3月31日 規則第31号