電脳展示室
深鉢形土器(ふかばちがたどき)
出土地:妙経寺遺跡(みょうきょうじ)
遺跡所在地:姉崎(あねさき)
時代:縄文時代中期前葉
遺構:貝層直下
解説:この土器は、東京湾に接した大規模貝塚として知られる妙経寺貝塚の貝層直下から発見されました。貝層は縄文中期中葉の勝坂・阿玉台式期から堆積していますが、海岸砂堆上での人々の活動の始まりを探る上で、大変貴重な資料と言えます。なお、貝層付近の砂堆上からは、この土器よりやや古い縄文中期初頭にあたる下小野・五領ヶ台式期の住居跡が1軒見つかっています。
遺跡マップへ 関連情報へ