電脳展示室
有角石斧(ゆうかくせきふ)
出土地:御林跡遺跡(おはやしあといせき)
遺跡所在地:国分寺台・根田(こくぶんじだい・ねだ)
時代:弥生時代
解説:茨城県から千葉県にかけての地域に特徴的な弥生時代の石器です。
 横にして見ると斧のようでもあり、縦に見ると研ぎ減った剣のかたちにも見えます。
 西日本に多い青銅器である銅剣や、その銅剣をまねて作った磨製石剣をさらにまねて作られたとも言われますが、具体的な用途は不明です。
 出土数は普通の石斧よりぐっと少ないので、特別なものだったと考えられます。
遺跡マップへ 関連情報へ