電脳展示室
磨製石斧(ませいせきふ)
祇園原貝塚出土の磨製石斧 出土地:祇園原貝塚(ぎおんばらかいづか)
遺跡所在地:国分寺台中央(こくぶんじだいちゅうおう)
時代:縄文時代後期
解説:石器には、打ち欠いただけの打製石器と、磨いて仕上げた磨製石器があります。このうち木を伐る斧(オノ)として使用されたと考えられる石器が磨製石斧です。石斧の材料には硬くて粘りがある、緑色をした蛇紋岩が多く使用されました。
 写真の石斧は大きなもので300g〜400g、中くらいのもので100g前後、小さなものは30g前後の重さになります。さらに小さいものは10g以下のものもあります。これらに木の柄を取り付け、鉞(マサカリ)のように使用するものを縦斧(タテオノ)と呼びます。それは木を伐ったり割ったりするものです。また、チョウナのように使用するものを、横斧(ヨコオノ)と呼びます。それらは木を削る道具です。石器の重さ、柄に装着する角度や、石斧の刃を取り付ける位置によって道具の用途が変わりました。小さな石斧は工具でも細工する道具として、使用されたものでしょう。
 これらの道具は、縄文時代後期、現在から約4000年前の集落で使用されたものです。当時、金属はありませんから、硬くて丈夫な物の材料は石でした。また希少材料なので、破損してもリサイクルされ別の道具なり、小型化して再生することが多いです。写真中央の石斧もハンマーに転用されています。これらの道具を使用して、木を山から伐り出して、家屋の材木に加工したものと考えられます。
遺跡マップへ 関連情報へ