電脳展示室
灰釉花文浄瓶(かいゆうかもんじょうへい)
出土地:荒久遺跡(あらく)
遺跡所在地:国分寺台地区・惣社(そうじゃ)
時代:平安時代(9世紀後半)

解説:猿投窯(現在の愛知県)で焼かれた灰釉陶器で、器面に花・雲・草の文様を陰刻した浄瓶です。
 浄瓶は、水瓶の一種で元来は僧侶の日常品の一つであったものが、仏前供具として使用されるようになったものと考えられます。荒久遺跡は上総国分寺に隣接していますので、この遺物も元々は寺院内で用いられていたのでしょう。
 荒久遺跡の例は、洗練された形に加え、他の灰釉浄瓶にはない花雲草文をあしらった逸品として、世界的に知られています。
(市原市指定文化財)
遺跡マップへ 関連情報へ関連情報へ