電脳展示室
深鉢形土器(ふかばちがたどき)
出土地:諏訪台遺跡(すわだい)
遺跡所在地:国分寺台地区・村上(むらかみ)
遺構:炉穴か
時代:縄文時代早期

解説:古墳の周溝覆土から出土したものですが、周囲に縄文早期の炉穴群があったため、これに伴うものと考えられます。
 口縁部径23cm、器高28.4cm、底径6cmで、胎土に繊維を含み、褐色〜橙色をしています。口縁部は、2個一組からなる4単位の波状口縁となり、口唇部には刻みが施されています。口縁から胴部中位に段をもうけ、下段はややくびれています。段によって区画された2段構成の文様帯があり、三角文・菱形の文様区画内を刺突文で充填し、文様区画は、微隆起線文によって行われ、その交点に円形の刺突文が見られます。また、文様単位の間は、ナデによる太い無文帯を設け、文様区画以外の胴部から底部にかけてと内面部には、横位の条痕が施されています。
遺跡マップへ 関連情報へ