電脳展示室
「王賜」銘鉄剣(おうしめいてっけん)
出土地:稲荷台1号墳(いなりだい)
遺跡所在地:山田橋(やまだばし)
遺構:円墳埋葬施設内
時代:古墳時代中期中葉

解説:直径27mの円墳の埋葬施設から、短甲・剣・鉄鏃・刀子・大刀・胡ロク・きさげ状工具・砥石などといっしょに発見されました。TK208型式期の須恵器の出土から、古墳の構築年代は5世紀中葉から後葉の早い段階のようです。
 鉄剣は長さ約73cmほどに復元できます。刃の持ち手寄りの部分に、X線写真によって銀象眼の銘文が発見されました。

―銘文の釈文―
(表)王賜□□敬[安])
(裏)   此廷[刀]□□□
―読みの一例―
 王□□(剣の意味)を賜フ。敬ンデ[安]ゼヨ。
 此ノ廷[刀]ハ□□□(吉祥句)

 銘文の趣旨は「王賜□□」にあり、王から鉄剣を授けた(古墳の被葬者から見れば"下賜"された)ことを表現したものと考えられます。それでは、この刀はだれから下賜されたのか、つまり「王」とはだれであったのか、以下の5つが考えられます。

1:畿内の大王
2:大王の一族
3:中央の豪族
4:地方の豪族
5:百済・新羅など朝鮮半島の国王

 天皇につながる1番ではないか、というのが多数意見です。武具の副葬が目立つことから、稲荷台1号墳に葬られた人は、武人として畿内王権に仕え、功績を立てたのかもしれません。
遺跡マップへ 関連情報へ