電脳展示室
常滑壺と埋納銭(とこなめつぼとまいのうせん)
出土地:加茂遺跡?(かも)
遺跡所在地:国分寺台地区
遺構:
時代:13世紀中葉〜後葉

解説:壷は6a型式で、肩部にヘラ記号があります。発掘調査で発見されたものではなく、詳しい出土はわかりませんが、「皇宋通寶」「開元通寶」「政和通寶」「宣和通寶」などの宋銭(中国から輸入されたもの)が数百枚納められていました。
 中世の人が貯金したまま忘れてしまったものかもしれません。
遺跡マップへ 関連情報へ