電脳展示室
着柄二又鍬(ちゃくえふたまたぐわ)
着柄二又鍬 出土地:四反田遺跡(したんだ)
遺跡所在地:五所(ごしょ)
遺構:流路
時代:古墳時代中期〜後期
解説:五所小学校の校舎の下から、出土しました。材質は、鍬などの農業土木具に多く使われる木で、アカガシという堅くて丈夫な木の仲間の、イチイガシという木を使っています。
 身に穴を開けて柄を差し込む、現代まで続く鍬の作り方ではなく、身の上の部分に軸を作り出し、くの字状になった柄をひもで結び付けるというものです。現代では、全く見られない柄の付け方ですが、当時は、このような鍬が多く使われていました。
遺跡マップへ 関連情報へ