電脳展示室
乳文鏡(にゅうもんきょう)
天王台29号墳出土の乳文鏡 出土地:潤井戸天王台古墳群(てんのうだい)
遺跡所在地:潤井戸(うるいど)
遺構:29号墳
時代:古墳時代後期(6世紀)
解説:日本製の青銅鏡の一種で、直径6.7cmを測り、一部に赤色顔料が付着しています。背面の主な文様に乳頭状の突起があることから乳文鏡(にゅうもんきょう)に分類されます。円形の紐(ちゅう:ひもを通す突起)を中心に5個の乳を等間隔に配置し、外側には櫛歯状の模様が施されます。乳の間には変形したS字状や列点状の模様が認められ、神獣が退化したものと考えられます。
古墳表土中から出土ですが、本来は、盗掘を受けて壊されていた中央の埋葬施設に副葬されたものでしょう。
遺跡マップへ 関連情報へ
関連情報へ