電脳展示室
渥美産壺(あつみさんつぼ)
渥美産壺 出土地:姉崎宮山遺跡(あねさきみややま)
遺跡所在地:姉崎(あねさき)
遺 構:御社2号墳
時 代:平安末期(12世紀)
解 説:愛知県の渥美半島一帯で焼かれた釉薬を施さない陶器で、口径19.7cm、最大径33.4cm、高さ36.9cmあります。
 平安時代末期の12世紀に流通したものです。
 昭和63年(1988)、姉ア神社境内にある御社(ごしゃ)2号墳から、本品と常滑広口壺(3型式)・片口鉢・カワラケが発見されました。
 本品および常滑広口壺は、経の埋納容器として使われたと考えられています。 
遺跡マップへ 関連情報へ
関連情報へ
関連情報へ