電脳展示室
常滑広口壺(とこなめひろくちつぼ)
常滑広口壺 出土地:姉崎宮山遺跡(あねさきみややま)
遺跡所在地:姉崎(あねさき)
遺 構:御社2号墳
時 代:平安末期(12世紀)
解 説:愛知県の常滑半島一帯で焼かれた釉薬を施さない陶器で、口径22.3cm、最大径31.5cm、高さ32.2cmあります。
 平安時代末期の12世紀後葉に流通したもので、学術的には常滑編年の3型式に分類されます。
 遺跡は姉ア神社の境内と重なり、小規模円墳も分布しています。
 昭和63年(1988)、そのうちの1基である御社(ごしゃ)2号墳の墳丘が崩れ、そこから本品と渥美産壺片口鉢・カワラケが発見されました。
 蓋に転用した片口鉢の存在から、本品および渥美壺が埋納容器として使われたことは明かで、経を納めた可能性が高いと思われます。
 古墳を経塚として再利用したのでしょう。
 ただし経や経筒などは見つかっていません。
 姉ア神社は文献史料から、中世にかなりの勢力を保持していたことがうかがえ、宮山遺跡の発掘調査でも、同時期のカワラケが出土しています。 
遺跡マップへ 関連情報へ
関連情報へ
関連情報へ