電脳展示室
渥美産片口鉢(あつみさんかたくちばち)
渥美産片口鉢 出土地:西野遺跡群D地点(にしのいせきぐん)
遺跡所在地:権現堂(ごんげんどう)
遺 構:井戸状遺構001
時 代:平安末期(12世紀中葉)
解 説:愛知県の渥美半島一帯で焼かれた須恵質の鉢で、口縁には1か所、片口が付いています。
 現在の擂鉢のような使い方をしたようで、平安時代末期の絵巻『病草子』でも、須恵質の片口鉢とすりこ木を使い、薬草を調合している女性の姿が描かれています。
 本品は口径32.7cm、最大経32.9cm、底径13.5cm、高さ11.7cmあり、全体に丸いプロポーションです。
 口縁は丸く薄手に仕上げ、一部に窪みを入れ輪花を表現しています。
 内面は使用のため擦れて、つるつるになっています。
 だいたい常滑Ib型式(12世紀第2四半期)に併行するものと思われますが、4型式期(鎌倉時代初期)の常滑産片口鉢といっしょに、井戸のなかに捨てられていました。
 渥美産の片口鉢は、関東でも一定量が流通していたようですが、出土品は小片が多く、本品のようにほぼ残っているのは稀です。
関連情報へ
関連情報へ