電脳展示室
内耳鍋(ないじなべ)
台遺跡内耳鍋 出土地:台遺跡(だい)
遺跡所在地:根田(ねだ)
時 代:戦国期(15世紀中葉から16世紀)
解 説:素焼きの土鍋で、房総では土師質のものと瓦質のものがあり、どちらも在地産とされていますが、具体的な産地はわかっていません。
 内面に内耳(ないじ)と呼ばれる釣り手を3か所つけ、火の上に吊して使いました。いわゆる囲炉裏のスタイルを想像していただければよいと思います。
 内耳鍋は鉄鍋の摸倣から生まれたらしく、戦国期の関東ではほとんどこれを使っています。
 それにもかかわらず、日用品でこわれやすい材質のため、本品のような完形に近い出土は稀です。
 本品は口径28.7cm、底径16.8cm、高さ14.0cmあり、使用のため外面に煤が付着しています。また、内耳の内側は、吊り下げによる擦痕が認められます。
遺跡マップへ 関連情報へ
関連情報へ
関連情報へ
関連情報へ
関連情報へ
関連情報へ