電脳展示室
顔面把手(がんめんとって)
顔面把手 出土地:草刈貝塚(くさかり)
遺跡所在地:ちはら台西(草刈)
時代:縄文時代中期中葉
解説:土器の口縁部に付けられた突起状の装飾で、人面把手とも呼ばれます。顔面が土器の外側を向くものと内側を向くものがありますが、これは外側を向けて付けられたものです。
 M字状の隆帯で眉から鼻、顔の輪郭をあらわし、切れ長で真一文字の目、おちょぼ口、やや上向きの小さな鼻口をあけて顔面を造形しています。頭部には隆帯が曲線を描いて集まり、髪を結いあげているようにも見えます。裏面は空洞で、口の部分だけが貫通しています。右目はいったん貫通したものを、裏面から粘土をかぶせてふさいだようです。
 顔面把手付土器の分布の中心は、山梨・長野両県にまたがる中部高地から関東地方西部にありますが、遺跡からはこれらの地域の特徴をもつ土器も出土しており、活発な交流が考えられます。
遺跡マップへ 関連情報へ