電脳展示室
青花碁笥底皿(せいかごけぞこざら)
染付碁笥底皿 出土地:御墓堂遺跡(みはかどう)
遺跡所在地:八幡(やわた)
時 代:戦国期(15世紀後半から16世紀)
解 説:中国(明)南部で焼かれた磁器で、呉須(ごす)と呼ばれる顔料で見込みに大きな文字を書いています。どのような文字かはわかりませんが、「寿」のような吉祥句を図案化したものではないかと思います。
 口径119mm、底径42mm、器高31mmあります。ロクロで回転ヘラケズリ調製を行い、底部を凹ませ「碁笥底」と呼ばれる特殊な形に仕上げています。呉須で字や文様を描いた後、一度焼かずにそのまま透明釉を掛けていますが、底部とその周囲は露胎のままです。
 白地に呉須で文様を描く磁器を「青花」や「染付」などと呼びますが、東国ではあまり多く見られず、貴重な資料です。
遺跡マップへ 関連情報へ