電脳展示室
瀬戸・美濃系灰釉平碗(せと・みのけいかいゆうひらわん)
台遺跡 瀬戸・美濃灰釉平碗 出土地:台遺跡(だい)
遺跡所在地:根田(ねだ)
時 代:戦国期(15世紀後葉)
解 説:瀬戸・美濃地方で焼かれた陶器で、一般に流通した碗です。
 口径146mm、底径53mm、器高50mmあります。口径に対する器高の比率は1:0.34で、この種の碗のなかでは器高が低いといえます。体部は直線的に開き、口縁で上方にに屈曲します。底部は回転ヘラケズリによって高台を削り出し、回転糸切痕を残しません。器の内側の見込みには、窯で重ね焼きをしたさいに癒着防止のために付けた目痕が3か所残っています。内面から外面にかけて灰釉が施され、美しい発色になっています。
 学術的には古瀬戸後期様式IV期新段階の平碗第6型式に分類されます。
遺跡マップへ 関連情報へ
関連情報へ
関連情報へ
関連情報へ
関連情報へ
関連情報へ