遺跡ファイル

弥生時代中期〜後期 郡本遺跡群 こおりもと
 台地の海側に広がると想定される遺跡で、同じような立地にある菊間遺跡根田代遺跡のように環濠集落だった可能性も考えられます。
 三嶋台遺跡からは、発掘調査によってではありませんが、人の顔を作った壺形の土器が出土しており、弥生人の顔を表現した資料としてよく取り上げられます。

『千葉県の歴史』資料編考古2(弥生・古墳時代) 千葉県 2003年