遺跡ファイル

古墳時代中期〜後期 姉崎妙経寺古墳群 あねさきみょうきょうじこふんぐん
 JR姉ヶ崎駅前の妙経寺境内にある古墳群で、海にほど近い砂丘上に展開しています。地面が砂地であるために墳丘の高まりはすでに失われていますが、発掘調査によって円墳の周溝が確認できました。埴輪が並べられた古墳は未発見ですが、円筒埴輪を棺に使った埋葬が1例検出されています。
 最近では、姉崎二子塚古墳の築かれた近辺に、上野合遺跡・山新遺跡と、やはり同様の古墳群が展開していることが発掘調査で明らかになりました。現在は平らに見える姉崎地区の同じような地形には、このようなかたちで古墳がたくさんつくられていたのかもしれません。