遺跡ファイル

奈良・平安時代 萩ノ原遺跡 はぎのはら
 遺跡は袖ケ浦市に近い上高根の、標高90m前後の台地上にあります。養老川の左岸にあたりますが、小櫃川水系の支谷にも面しています。1964年と1976年に発掘調査が行われ、1976年の調査では、基壇のある掘立柱建物跡2棟、掘立柱建物跡3棟以上、瓦塔基壇1、竪穴住居跡22棟、製鉄遺構5ヶ所などが検出されました。
 出土遺物には、瓦塔(組み立て式の焼き物の塔)や青銅製の匙「寺」・「佛(ほとけ)」などの墨書土器多数、瓦などがあります。特殊な遺構と遺物があることから、遺跡は、古代の集落の中にある寺院だと考えられます。