このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

国民健康保険料の特別徴収(年金からの天引き)について

更新日:2017年4月27日

特別徴収となる対象者(下記のいずれかの条件に該当する方)

(1)既に国民健康保険料を特別徴収の方法で納付いただいている方。

(2)次の全てにあてはまる方。

  • 国保加入者全員が65歳以上であること
  • 世帯主が国保加入者で65歳以上の年金受給者であること
  • 4月1日現在、世帯主の年齢が74歳に達していないこと
  • 年金支給額が年額18万円以上であり、かつ介護保険料との合算額が年金支給額の2分の1を超えないこと
  • 口座振替をしていないこと

特別徴収について

国民健康保険料は7月に、前年(1月から12月)の所得を基に1年分の保険料を決定し、納付していただきます。特別徴収とは、国民健康保険料を年金から天引きし納付していただく制度です。
(1)仮徴収制度について
年金からの特別徴収につきましては、4月から仮徴収を行うことになっておりますので、対象となる世帯主(納付義務者)の方の4月分年金から保険料を天引きさせていただきます。仮徴収額については、毎年7月中旬に送付します「国民健康保険料決定通知書」によりご確認ください。

  • 仮徴収とは、年間の保険料が確定する前にも納付する機会を作り、年間での納付回数を増やすことにより、1回あたりの納付額の軽減を図る制度です。

(2)本徴収制度について
4月から仮徴収を行っている世帯、および10月からの特別徴収予定世帯のうち、判定の結果特別徴収に該当し、お支払い方法を口座振替に変更する申し出をされなかった世帯は、10月分の年金支給日から保険料を年金より天引きさせていただきます。

(3)普通徴収が継続される場合について
判定の結果、特別徴収に該当しなかった世帯は、引き続き普通徴収(納付書による納付)により保険料を納付していただきます。また、特別徴収該当世帯で、お支払方法を口座振替に変更し、普通徴収を希望される世帯は、金融機関の窓口で口座振替の手続きをしていただいた後、国民健康保険課及び各支所で口座振替による納付のお申し出をしていただきます。詳しくは、下記をご覧下さい。

保険料特別徴収(年金からの天引き)の仕組み

特別徴収の仕組表
仮徴収期間 1回目
(4月)
2回目
(6月)
3回目
(8月)
新年度の保険料額が確定する前の徴収分
  • 既に保険料を特別徴収で納付されている方は2月に年金から天引きさせて頂いた金額と同額となります。
本徴収期間 4回目
(10月)
5回目
(12月)
6回目
(2月)
本算定により年度分保険料額が確定した後の徴収分
  • 確定した保険料額から仮徴収した金額(1回目から3回目までの金額)又は7月から9月までに納付書等で納めていただいた金額を差し引いた残りの金額を3回に分けて徴収します。

納付方法の選択制について

国民健康保険料の納付方法について、特別徴収の対象者であっても本人の希望により特別徴収と普通徴収(口座振替による納付)のいずれかを選択することが可能となりました。
納付方法の変更を希望する場合は、以下のとおり手続きが必要となります。

特別徴収対象者納付方法の変更手続きについて
現在の納付方法 希望する納付方法 必要な手続き 手続きする場所
特別徴収 普通徴収
(口座振替)
1.口座振替の手続き 金融機関
2.口座振替申込書の控え及び申出書の提出 国民健康保険課もしくは各支所
普通徴収
(口座振替)
特別徴収 申出書の提出 国民健康保険課もしくは各支所

なお、申出書をご提出いただいた時期により、納付方法が変更となる時期も異なりますので、詳しくは国民健康保険課までお問い合わせください。

  • 納付方法の変更により所得税や市県民税が少なくなることもありますのでご注意ください。(世帯構成や所得により異なりますのでお問い合わせください)

お問い合わせ先

保健福祉部 国民健康保険課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎1階
電話:0436-23-9804 ファクス:0436-24-8620

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る