このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

短期人間ドック助成事業

更新日:2017年4月13日

国民健康保険の加入者に対して、健康の保持と増進、さらに疾病の予防を目的に、短期人間ドックの受診費用の一部を助成しています。
なお、市原市に住所を有する後期高齢者医療保険の加入者は、別に実施する「はつらつ短期人間ドック助成事業」をご利用ください。

助成を受けられる方

国民健康保険に加入しており、申請時に次の要件を全て満たしている方。
(1)35歳以上74歳以下
(2)市原市国民健康保険に継続して1年以上加入していること
(3)国民健康保険の保険料を滞納していない世帯に属していること
(4)今年度、特定健診を受診していないこと
(5)今年度、この助成を受けていないこと
(6)受診結果について検診医療機関から市へ報告されることに同意すること

助成を受けるための注意点

・助成を受けることができるのは一年度に1回だけです。
・妊娠中の方は人間ドックを受診できません。また、現に医師の治療を受けている方は事前に医師にご相談ください。
・申請時に国民健康保険に加入していても、受診時に国民健康保険の資格を喪失している場合は、助成を受けることはできません。
・国民健康保険に加入している40歳から74歳までの方は、人間ドックか特定健診のどちらか一方のみ受診することができます。なお、特定健診対象の方が人間ドックを受診すると、ドックの結果を特定健診の結果として使用し、必要に応じて特定保健指導を実施します。
・同一年度内において、保健センターで行う同内容の健診(検診)事業との重複受診はできません。
・助成を受けるためには、必ずドック受診前の事前申請が必要です。申請前の受診分につきましては、全額自己負担となりますのでご了承ください。

申請受付期間

申請の受付期間は、平成29年4月3日(月)~平成30年2月28日(水)まで
受診券の有効期限は平成30年3月31日(土)まで(ただし、申請時に74歳の方は、75歳の誕生日の前日まで)

手続き・受診方法

(1)国民健康保険課または各支所へ申請書を提出してください。(国民健康保険被保険者証(保険証)と認印をお持ちください。申請書は窓口にあります。また、市ホームページからダウンロードできます。)
(2)申請から約2週間後、「受診券・質問票・検診医療機関一覧表」を受診対象者あてに送付します。
(3)検診医療機関一覧表に記載のある医療機関へ受診の予約申込をしてください。
(4)受診日に、受診券・記入済みの質問票・保険証・一部負担金を持って受診してください。
(5)受診結果について、検診医療機関から説明を受けてください。

助成金・一部負担金(自己負担額)

(1)助成金
   受診料(「検査項目及び受診料」参照)の合計の7割(100円未満は切り捨て)、上限2万円。
(2)一部負担金(自己負担額)
   受診料の合計から助成金を差し引いた金額。
 ≪例1≫ 基本項目(デジタル方式)のみ受診する場合
  (助成金) 13,860円×0.7=9,702円・・・100円未満切り捨て⇒9,700円
  (一部負担金) 受診料の合計13,860円-助成金9,700円=4,160円
 ≪例2≫ 基本項目(アナログ方式)と腹部エコーと胃カメラを受診する場合
  (助成金) (13,280円+5,720円+15,690円)×0.7=24,283円・・・上限超過 ⇒20,000円(限度額)
   (一部負担金) 受診料の合計(13,280円+5,720円+15,690円)-助成金20,000円=14,690円

関連ページ

申請書ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

保健福祉部 国民健康保険課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 市役所1階
電話:0436-23-9804 ファクス:0436-24-8620

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る