このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

市県民税の申告について

更新日:2019年1月16日

市県民税の申告が必要な人

1月1日現在、市原市に住所のある人で、

  1. 前年中に、営業、農業、不動産、配当、譲渡などの所得があった人。
  2. 社会保険料控除や医療費控除など、その他諸控除の適用を受けようとする人。
  3. 給与所得者で、勤務先から給与支払報告書が市役所に提出されていない人。
  4. 所得のなかった人で、同居している人の扶養控除の対象になっていない人。
  5. 所得がなかった人で、国民健康保険に加入している人など、市県民税に関する証明が必要な人

1月1日現在、市原市に住所のない人で、

  1. 市原市内に事務所や家屋敷を持っている人。

市県民税の申告が不要な人

  1. 所得税の確定申告をする人
  2. 給与所得のみで、年末調整済の給与支払報告書が勤務先から提出されている人で、医療費控除など諸所得控除の適用を受けない人。
  3. 公的年金所得のみで、社会保険料控除など諸所得控除の適用を受けない人。

※市県民税に関する証明書が必要な場合の申告について
申告の必要のない方でも、市県民税に関する証明書(所得課税証明書など)が必要な場合は、申告を必要とします。

特定配当等に係る所得及び特定株式等譲渡所得の申告について

上場株式等の配当所得等については、支払われる際に市県民税が特別徴収されるため、申告する必要はありません。(申告不要制度)
なお、各種所得控除等の適用を受けるために、納税通知書送達前に総合課税または申告分離課税を選択して申告することもできます。申告された上場株式等の配当所得等は、扶養控除や配偶者控除の適用、介護保険や国民健康保険料算定等の基準となる総所得金額等や合計所得金額に含まれますのでご注意ください。

納税通知書送達前に、確定申告書とは別に「市民税・県民税申告書」をご提出いただくことにより、所得税と異なる課税方法(申告不要制度、総合課税、申告分離課税)を選択することができます。(例:所得税は総合課税、市県民税は申告不要制度)

申告書ダウンロード

2019年度(2018年分)

以下のリンクをクリックし、ダウンロードしてください。

注意事項

  • 該当欄を全て記入し、必ず提出用の表面と裏面の両方を提出してください。
  • 申告書の控が必要な方は、返信用封筒(宛名を記入し切手を添付)を必ず同封してください。申告書の写しに受付印を押してお送りします。
  • 源泉徴収票や各種証明書など添付書類を忘れずに提出してください。
  • 申告書の記入の仕方などについては、『2019年度市民税・県民税申告の手引き』を参照してください。
  • 提出期限:平成31年3月15日(金曜日)までに市役所市民税課へ提出してください。

平成30年度以前

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

財政部 市民税課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎1階
電話:0436-23-9811 ファクス:0436-25-2766

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る