このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

環境掲示板2013年(平成25年)1月

更新日:2014年2月3日

家庭系燃やすごみの4月から11月までの累計は42,291トンで、昨年度と比べ449トン増加しました。

家庭系燃やすごみの排出量の推移

市では、廃棄物の適正処理と再資源化の観点から、スプレー缶、使い捨てライター、乾電池、蛍光管等を「有害ごみ」として、福増クリーンセンター等において安全かつ適正な処理を行っています。

「有害ごみ」は、それぞれの種類ごとに透明な袋に入れ、燃やさないごみの収集日に、他のごみとは1メートル以上離して出してください。

「有害ごみ」の種類・理由・注意点

スプレー缶

  • (理由)
    中のガスが残ったまま排出すると、火災発生の原因となるため。
  • (ガスの出し方)
    中身を使い切ってから、穴を開けてください。

使い捨てライター

  • (理由)
    中のガスが残ったまま排出すると、火災発生の原因となるため。
  • (ガスの出し方)
    風通しのよい場所で、レバーをテープなどで固定し、中身を出し切ってください。

電池

  • (理由)
    水銀、鉛、カドミウム、ニッケルなどの有害物質を含むため。
    なお、小型充電式電池はリサイクル可能なため、リサイクル協力店に持ち込んでください。
  • (リサイクル協力店について)
    一般社団法人JBRC
    http://www.jbrc.net/hp/contents/

蛍光管

  • (理由)
    中に含まれる水銀が空気中へ飛散するのを防ぐため。
  • (注意点)
    割らないでください。
    購入の際のパッケージに入れて出すこともできます。

灰・ガレキ

  • (理由)
    パッカー車で巻き込むことができないため。
  • (注意点)
    1回の収集日につき、1袋までです。(後日別の車両で回収します。)

なお、資源物の収集日が10月から増えていますので、引き続き、資源物及びごみの分別にご協力をよろしくお願いします。

お問い合わせ先

環境部 クリーン推進課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎5階
電話:0436-23-9053 ファクス:0436-24-1204

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る