このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

生ごみ肥料化容器及び処理機の補助金

更新日:2018年5月16日

  • 生ごみ肥料化容器及び処理機

ごみの減量や資源化を進める上で、燃やすごみの約4割を占める「生ごみ」の減量が大きな課題となっています。
生ごみの「水切り」も大きな効果がありますが、家庭で生ごみ肥料化容器あるいは処理機を活用すると、燃やすごみの減量化が大きく期待できます。
一人ひとりがごみの減量を目指して、できることから始めてみましょう。

生ごみ肥料化容器及び処理機の購入費用を補助します

市では、生ごみ肥料化容器あるいは生ごみ処理機を購入した市民の方に、その費用の一部を補助しており、詳しくは以下のとおりです。

生ごみ肥料化容器及び生ごみ処理機の補助について
種別 補助額 要件
生ごみ肥料化容器

購入価格(税抜)の2分の1(100円未満切捨て)
微生物による発酵資材は、生ごみ肥料化容器の購入時に、1基当たり1キログラムまでを補助対象とします。
限度額(発酵資材を含む)は1基あたり3,000円です。

3年間に1世帯2基まで
生ごみ処理機

購入価格(税抜)の3分の1(100円未満切捨て)
限度額は1基あたり20,000円です。

3年間に1世帯1基まで

購入場所

  • 家電小売店やホームセンターなど。
  • インターネットなどの通信販売。


(注意)領収書を必ず発行してもらってください。販売店によるポイント還元は値引きに該当するため、ポイントによるお支払いをした場合、ポイント分は補助対象になりませんのでご注意ください。

補助金の申請方法

申請方法については、下記の手続きページをご覧ください。

生ごみ肥料化容器及び処理機の種類

生ごみ肥料化容器の例

  • 使用方法
  1. 日当たり・水はけのよい地面を選ぶ。
  2. 20センチメートル程度掘り、コンポスト容器を設置する。(長期間使用したい場合40センチメートル程度)
  3. 生ごみをよく水切りし、容器に投入する。
  4. 時々、落ち葉・雑草などを入れる。
    (投入した生ごみと同じ量〈体積〉を入れるとよい)
  5. ごみが20センチメートル程度たまったら、土を全体に2センチメートルから3センチメートルくらいかぶせる。
  6. 一杯になったら、容器を引き抜き、土〈ビニールシート〉をかぶせ、熟成させる。
    その間、切り返しを行う。
  • 使用方法
  1. 生ごみをよく水切りし、容器に投入する。
  2. 発酵資材をふりかける。
  3. ふたをしっかり閉め、空気が入らないようにする。
  4. 1から3の作業を、容器が一杯になるまで繰り返す。
  5. 毎日、液肥を抜く。
  6. 一杯になったら、そのまま2週間程度放置し発酵させる。
    その後、土に混ぜてから、2週間から4週間程度で堆肥ができる。

生ごみ処理機(機械式)の例

  • 処理時間
    1キログラムあたり約1日から4日程度
  • 維持管理方法
    軒下に設置する。
    2ヶ月から1年程度で発酵基材を半分取り替え、土に混ぜてから1ヶ月程度で堆肥ができる。
  • 処理時間
    1キログラムあたり約1時間30分から4時間程度
  • 維持管理方法
    軒下や台所に設置する。
    1週間程度で取り出し、土に混ぜてから1ヶ月から3ヶ月程度で堆肥ができる。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

環境部 クリーン推進課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎5階
電話:0436-23-9053 ファクス:0436-24-1204

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る