このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

自動交付機での住民票・印鑑登録証明書の交付

更新日:2018年3月12日

「専用カード(暗証番号登録済)」があれば、休日や時間外でも住民票の写し・印鑑登録証明書が自動交付機で交付できます。
事前に窓口で専用カードの申請をしてください。
なお、いちはら市民カードではコンビニ交付を行うことができません。コンビニ交付を利用したいかたは、マイナンバーカードを申請してください。

専用カードの種類

いちはら市民カード

住民票のみ交付できます。

いちはら市民カード・印鑑登録証

住民票と印鑑登録証明書が交付できます。
窓口で印鑑登録証明書を申請できます。

【注意】

代理人申請で印鑑登録をした専用カードは、後日、本人が暗証番号の登録手続きをするまで自動交付機の利用はできません。

住民基本台帳カードを専用カードとして利用することができます。利用を希望する方は市民課または支所までお問い合わせください。

専用カードの申請

専用カードの申請方法は、下記の3通りがあります。

新規にカードを申請する【いちはら市民カード

手続きする場所

市民課、各支所
月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
毎月第1・第3日曜日の午前8時30分から午後5時00分(市民課のみ、年末年始を除く)

申請できる人

本人のみ
(代理人による申請はできません)

  1. 満15歳以上の人
  2. 市原市に住民登録している人

成年被後見人など本人の意思を明示することができない人は申請できません。

料金

無料

即日交付をうけることができる場合

  • 顔写真付の官公署の発行した身分証明書(マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなど)を提示できる場合

顔写真付の官公署の発行した身分証明書(運転免許証、パスポートなど)を持参し、窓口で暗証番号の登録手続きをする。

  • 顔写真付の官公署の発行した身分証明書(マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなど)を提示できないが、保証人(すでに市原市に印鑑登録をしている成年者)がいる場合

本人を確認できる証明書(健康保険証など)、保証人の実印と印鑑登録証、保証人の本人確認できる証明書(運転免許証など)を持参し、保証人が一緒に窓口にきて保証書を提出する。
本人が窓口で暗証番号の登録手続きをする。

後日交付になる場合

次の場合には、申請後に文書照会により本人の意思を確認をし、後日回答書を持参して窓口まで再度来ていただいたときに登録が完了し、カードの発行ができます。

  • 顔写真付の官公署の発行した身分証明書(マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなど)を提示できず、保証人がいない場合

1回目:本人を確認できる証明書(健康保険証など)を持参し、窓口で申請をする。
2回目:市役所から回答書を郵送するので、郵送された回答書と本人を確認できる証明書(健康保険証など)を持参する。
回答書の指定期日までに、1回目と同じ窓口で登録してください。

新規にカードを申請する【いちはら市民カード・印鑑登録証

手続きする場所

市民課、各支所
月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
毎月第1・第3日曜の午前8時30分から午後5時00分(市民課のみ、年末年始を除く)

申請できる人

本人。
印鑑登録のみ代理人による申請が可能です。

  1. 満15歳以上の人
  2. 市原市に住民登録をしている人

成年被後見人など本人の意思を明示することができない人は申請できません。

注意

  • 代理人による申請の場合、印鑑登録はできますが、後日、本人が暗証番号の登録手続きをするまで自動交付機の利用はできません。
  • 平成24年7月9日以降、外国人住民の方も住民票の取得が可能となりました。自動交付機で住民票を取得する場合、暗証番号の登録手続きが必要となるため市民課・各支所で手続きをしてください。
  • 氏名の長い人や生年月日が不明な人は自動交付機の利用ができない場合があります。市民課で確認してください。

料金

300円

手続き方法

印鑑登録の手続きを参考にしてください。

従来の印鑑登録証(黄色のカード)から専用カード【いちはら市民カード・印鑑登録証(緑色のカード)】への交換及び暗証番号登録

手続きする場所

市民課、各支所
月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
毎月第1・第3日曜日の午前8時30分から午後5時00分(市民課のみ、年末年始は除く)

申請できる人

本人(カード交換と暗証番号の登録ができます。)
代理人(カード交換のみはできますが、代理人による暗証番号の登録はできません。)

料金

無料

カード交換

本人、または代理人による申請が可能です。

必要なもの

  • 印鑑登録証(黄色のカード)
  • 官公庁発行の顔写真付身分証明書(マイナンバーカード・運転免許証・パスポートほか)、顔写真付社員証、保険証、年金手帳等

注意

上記の本人確認ができるものがない場合には照会書を郵送し、その文書を持参したときにカード交換が完了します。

暗証番号登録

本人のみ申請可能です。

必要なもの

  • 印鑑登録証(黄色のカード)
  • 官公庁発行の顔写真付身分証明書(マイナンバーカード・運転免許証・パスポート等)

上記の証明書がない場合、保証人登録の方法もあります。詳しくは、市民課までお問い合わせください。

本人確認のための身分を証明する書類

本人確認書類

即日登録できる顔写真付の官公署発行の身分証明書

  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カードなど

本人を確認できる証明書

  • 健康保険証
  • 年金証書
  • 介護保険被保険者証
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 療育手帳
  • 年金手帳など

設置場所、利用方法

自動交付機の利用について
交付機の設置場所
  • 市役所第2庁舎地下1階守衛室前
  • 市役所第1庁舎1階総合案内となり
  • サンプラザ市原2階エントランスホール
  • 千種コミュニティセンター
  • 戸田コミュニティセンター
利用時間 市役所第2庁舎地下1階 午前8時00分から午後8時30分
市役所第1庁舎1階 午前8時30分から午後5時15分
サンプラザ市原 午前8時30分から午後8時30分
千種コミュニティセンター 午前9時00分から午後8時30分(祝日は午前9時00分から午後5時00分)
戸田コミュニティセンター

午前9時00分から午後8時30分(祝日は午前9時00分から午後5時00分)

利用開始時間が異なりますので、注意してください。
休止日 市役所第2庁舎地下1階 年末年始(12月29日から1月3日)
市役所第1庁舎1階 年末年始(12月29日から1月3日)・祝日・土曜日・日曜日(日曜開庁を除く)
サンプラザ市原 年末年始(12月29日から1月3日)及び臨時休館日(ホームページにてご確認ください)
千種コミュニティセンター 年末年始(12月29日から1月3日)及び臨時休館日
戸田コミュニティセンター 年末年始(12月29日から1月3日)及び臨時休館日
交付できる証明書・手数料 住民票(個人・世帯) 1通300円
印鑑登録証明書 1通300円
利用方法
  1. カードを投入して、暗証番号を入力します。
  2. 必要な証明書を選択し、料金を支払います。
注意事項
  • 暗証番号を累積して3回間違って入力すると、自動交付機の利用ができなくなります。再度利用するには窓口で手続きが必要です。
  • 暗証番号を忘れてしまった場合は、窓口で暗証番号を再登録する必要があります。
  • ご利用の際には小銭をご用意ください。
  • 従来の印鑑登録証(黄色いカード)では自動交付機を利用できません。
    自動交付機を利用するためには「いちはら市民カード・印鑑登録証」または「いちはら市民カード」が必要です。
  • 暗証番号の登録をしていないカードでは自動交付機を利用できません。
  • 自動交付機では住民票コードが記載された住民票は交付できません。必要な場合は窓口で申請してください。
  • 氏名の長い人や生年月日が不明な人は自動交付機の利用ができない場合があります。市民課で確認してください。
  • コンビニ交付サービスは、利用できません。

お問い合わせ先

市民生活部 市民課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎1階
電話:0436-23-9803 ファクス:0436-24-8853

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る