このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

未熟児養育医療の給付について

更新日:2020年4月1日

母子保健法に基づき、指定医療機関の医師が入院養育の必要を認めた未熟児に医療の給付を行います。

対象となるお子様

次のいずれにも該当する0歳のお子様

(1)本市に住所を有している。

(2)指定医療機関(※)の医師が入院養育を必要と認めている。

(3)次のいずれかに該当している。

ア出生時体重2,000g以下

イ生活力が特に薄弱であって次に掲げるいずれかの症状を示している。

a運動不安、痙攣がある
b運動が異常に少ない
c体温が摂氏34度以下のもの
d強度のチアノーゼが持続する、又は、チアノーゼ発作を繰り返す
e呼吸数が毎分50を超えて増加の傾向にあるか、又は毎分30以下である
f出血傾向が強い
g生後二四時間以上排便がない
h生後四八時間以上嘔吐が持続している
i血性吐物、血性便がある
j黄疸が生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸がある

*県外の指定医療機関に入院した場合も対象になります。県外の指定医療機関については、子ども福祉課までお問い合わせください。

給付を受けるには

次の書類を市役所の子ども福祉課に提出してください。(郵送可)

(0歳~18歳の方を扶養している方は、扶養親族の申告書が必要です。)

お願い

未熟児の属する健康保険の世帯が、市区町村税非課税世帯である場合、健康保険者に入院食事療養に係る標準負担額減額認定証の交付を申請してください。また、認定証を病院の窓口に提示し、子ども福祉課に認定証の写しを提出してください。

備考

未熟児養育医療給付を受けるにあたり、市が徴収金(申請者の負担金、生活保護の方は0円)の決定をしますが、健康保険加入の未熟児については、市原市の子ども医療費助成制度の助成金を徴収金に充てますので、職員の案内により、子ども医療費助成金の申請をしてください。

養育医療券交付後の手続き

養育医療券の交付を受けた方が、券の有効期間内に住所の変更等が生じた場合には、下記の書類の提出をお願いします。(郵送可)

提出書類
内容 提出書類

入院期間や指定医療機関が変わる

養育医療変更承認書(※1)

次の事項が変わる
(1)健康保険の保険者、記号番号
(2)受療者氏名
(3)申請者の氏名、住所、職業、受療者との続柄、生年月日
(4)その他

養育医療券記載事項変更届(※2)
市町村民税額や世帯員等が変わる 市町村民税額等変更届出書(※3)
養育医療券を失くした、又は、汚損した 養育医療券再交付申請書(※4)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

子ども未来部 子ども福祉課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎1階
電話:0436-23-9802 ファクス:0436-24-2365

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る