このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

更新日:2021年2月5日

2月5日 緊急事態宣言の延長について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するための緊急事態宣言が、3月7日までの一か月間延長されることとなりました。

本市におきましても、高齢者施設、接待を伴う飲食店、さらには病院においてクラスターが発生し、1月中の感染者数は12月中の2倍以上となりました。2月に入り市内の感染者数は減少傾向にあるものの、本市を含めた県内の医療提供体制はなお、逼迫している危機的状況であります。

そこで、市民の皆様へあらゆる機会を通じ感染防止についてお願いするとともに、1月7日の緊急事態宣言を受けて、公共施設の原則休館を決断したところですが、今回の宣言の延長を受け、引き続き公共施設の原則休館を継続することにいたしました。

市民の皆様には、ご不便をおかけすることになりますが、医療を守り、市民の生命を守るために判断したものですので、ご理解とご協力をお願いいたします。

皆様には引き続き、不要不急の外出の自粛やマスクの着用など基本的な感染予防に努めていただき、市民・事業者の皆様が、一日も早く平穏な日常生活に戻れるよう、一丸となって、この難局を乗り越えていきましょう。

1月8日

緊急事態宣言に伴い休館する公共施設は以下のページをご確認ください。

緊急事態宣言に伴う公共施設の休館について(令和3年1月8日更新)

12月24日 年末年始の過ごし方についてお願い

市民の皆さま、事業者の皆さまには、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に、ご協力いただき感謝申し上げます。
また、医療の最前線で日夜、ご尽力されている医療従事者の皆さまに、改めて敬意を表します。

県内においては、新型コロナウイルス感染症の感染者の増加が続いており、この状況が続けば、救急患者の受け入れが困難になるなど、医療提供体制に深刻な影響が出かねない状況を懸念しております。

医療体制を維持し、市民の皆さまの安心・安全な生活を守るためには、これ以上の感染拡大を何としても抑えなければなりません。

年末年始は、人の移動や人が集まる機会が多くなることを踏まえ、私から市民の皆さまにお願いを申し上げます。

  • 忘年会や新年会などの会食は、なるべく普段から一緒にいる人と少人数・短時間で行い、高齢者などへの感染につながらないよう注意してください。
  • 初詣は混雑する時間を避けるなど、三密となる場所をできる限り避けてください。また、人と人との接触機会を低減するため、外出機会の削減にも、御協力をお願いします。
  • そして、マスクの着用や手洗い、室内の十分な換気など、基本的な感染防止対策をこれまで以上に徹底してください。

この年末年始は、市民の皆さま1人ひとりの取り組みが何より重要です。
自分の命、大切な人の命を守るために、今一度、市民の皆さまができる最大限の感染防止対策をお願いします。

12月15日

市内の新型コロナウイルス感染症の感染者は、12月14日現在で200人を超え、特に若い世代や家族内での感染者の確認が続いております。また、県内でも、学校や介護施設などでのクラスターも発生し感染者が増加しております。
そこで、昨日、千葉県知事より県民の皆さまに感染拡大防止のためのメッセージが出されましたので、市民の皆さまにお伝えさせていただきます。

  • 重症化リスクが高いとされる高齢者や基礎疾患をお持ちの方は、感染リスクの高い場所への不要不急の外出を控えてください。
  • 重症化リスクの高い方と同居のご家族の方は、この感染症が、「無症状であっても感染することがある」ということを常に心に留めて、感染防止対策に細心の注意を払ってください。
  • 全ての県民の皆様に、基本的な感染防止対策の確実な実践を改めてお願いします。

市民の皆さまには、マスクの着用やこまめな手洗い、室内の十分な換気など基本的な感染防止対策をこれまで以上に徹底していただくとともに、感染が広がりやすい5つの場面での十分な感染防止対策をお願いいたします。

<千葉県知事のメッセージはこちら>
https://www.pref.chiba.lg.jp/kouhou/net-tv/kfk/kenfuku/1214mes-chiji.html

11月20日

新型コロナウイルス感染症の感染が全国的に拡大しています。
昨日、千葉県でも過去最大の感染者が確認されました。
政府は、感染を防止するために「5つの場面」に気を付けよう!と呼びかけています。ぜひ皆さんも、5つの場面を意識していただき、感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫を実践してください。

  • 飲酒をするのであれば、少人数・短時間で。なるべく普段一緒にいる人と。深酒・はしご酒などはひかえ、適度な酒量で。
  • 箸やコップは使い回わさず、一人ひとりで。
  • 座の配置は斜め向かいに。
  • 会話する時はなるべくマスク着用。
  • 換気が適切になされているお店で。
  • 体調が悪い人は参加しないこと。

10月16日

千葉県内では、新型コロナウイルス感染症の新規感染者の発生が続いており、市内でも、家族内での感染や児童、生徒など子どもの感染が確認されています。
また、感染経路が不明な患者も多数確認されております。
感染の拡大を防止するためには、家庭内に新型コロナウイルスを持ち込まないことが重要です。
皆さまには、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会が示した感染が広がりやすい「7つの場面」を意識していただき、感染防止対策の徹底をお願いいたします。

【7つの場面】

  1. 大人数や深夜におよぶ飲食
  2. 飲酒を伴う懇親会
  3. 閉鎖空間での激しい呼吸を伴う運動
  4. 屋外活動の前後の車での移動や食事
  5. 仕事後や休憩時間
  6. 寮などでの集団生活
  7. 大人数やマスクなしでの会話

9月10日

9月8日に、市原市内の接待を伴う飲食店で、本市では初めての「クラスター・感染者集団」が発生したと千葉県が発表いたしました。
また、9月9日時点で、市内で80人の新型コロナウイルス感染症の感染者が確認されております。
クラスターが発生した接待を伴う飲食店につきましては、現在、市原保健所において濃厚接触者の把握や感染拡大防止に向けた指導等を行っておりますが、市としましても市原保健所と連携し、今後の感染対策に万全を期してまいります。
本日、千葉県は、新規感染者数の発生が一定程度、減少してきたことなどから、「多人数での会食」の自粛要請を解除いたしました。
しかしながら、新型コロナウイルス感染症は完全に終息したわけではありません。市民の皆さまにおかれましては、引き続き、次のことを徹底し、感染防止に取り組んでいただきますようご理解とご協力をお願いいたします。

  1. 自分の命、大切な人の命を守るために、こまめな手洗いと、室内の換気を定期的にしましょう。
  2. マスクを着用せずに会話することは避けましょう。
  3. 大声で会話することは避けましょう。
  4. 飲食店を利用する際は、感染防止対策が徹底されているか確認しましょう。

また、この感染症に関しまして、誤解や偏見による差別など起きないよう、ご配慮も重ねてお願いいたします。

8月7日

8月4日

新型コロナウイルス感染症の感染者が全国的に増加する中、千葉県内でも、様々な地域で感染者が確認されております。
このような状況から、7月30日に千葉県は、「多人数での会食の自粛」や、「体調が良くない従業員を出勤させないこと」を、県民や事業者に要請いたしました。

市原市でも、ここ数日連続して感染者が確認されており、改めて感染防止対策を徹底する必要があります。
市民の皆さまにおかれましては、誰にでも感染リスクがあることを自覚し、これまで以上に、

  1. 手洗い・咳エチケットの徹底
  2. マスクの着用
  3. 身体的距離の確保
  4. 3つの密(密閉・密集・密接)の回避等

「新しい生活様式」を心がけていただくようお願いいたします。

また、事業者の皆さまには、感染拡大予防ガイドライン等を厳守していただき、対策を徹底していただくようお願いいたします。

8月に入り、ようやく梅雨明けいたしましたが、今後は高温の日が続くことも予想されますので、皆さまには、新型コロナウイルスの感染防止とあわせ、熱中症にも十分注意していただきたいと思います。
新型コロナウイルス感染症への対応は、長丁場になるといわれています。
感染をこれ以上拡大させないためには、行政はもちろんのこと、市民や事業者の皆さまのご理解とご協力が必要ですので、市民一丸となって新型コロナウイルスの封じ込めに取り組みましょう。

7月10日

市民の皆様には、新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、有難うございます。
昨日、東京都において過去最多の224人の感染者が確認され、県内においても感染者数が増加しております。
市民や事業者の皆様には、改めて感染拡大防止のため、3密を避け、マスクの着用や手指の消毒など「新しい生活様式」に基づく行動をお願いいたします。
また、事業者の皆様には、ガイドライン等に基づき、感染拡大防止の徹底をお願いいたします。
今後も、市民や事業者の皆様と危機感を共有し、感染拡大防止と社会経済活動の維持の両立を目指すため、皆様のご協力をお願いいたします。

5月27日

緊急事態宣言の解除を受け、公共施設の利用再開などに関する市長メッセージです。

5月15日

特別定額給付金や子育て世帯への臨時特別給付金の支給などに関する市長メッセージです。

5月5日

市民の皆さま、新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、改めて感謝申し上げます。

昨日、政府は、新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し、4月7日に宣言した緊急事態措置の実施期間を、5月31日まで延長することを発表しました。

本市では、昨日も新たな感染者が発生しており、この感染症を終息させるためには、引き続き、不要不急の外出を自粛するなど、市民の皆さまには、これまでと同様の取組をしていただく必要があります。

現在、皆さまは非常に過ごしにくい生活を送られていると思います。しかし、今求められていることは、心を一つにして、人々が責任ある行動をすることです。

私は、市民の方々のため、児童生徒の方々のため、事業者の方々のため、様々な支援策を打ち出してまいりたいと考えております。

市民の皆さまには、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために一人ひとりができることを再確認していただき、取り組んでいただけますようお願いいたします。

この難局を乗り切り、普段の生活を一日も早く取り戻すために、一緒に頑張りましょう。

市原市長 小出 譲治

5月1日

市の今後の対応と大型連休中の外出自粛に関するお願いです。

4月24日

週末の外出自粛についての市長メッセージです。

4月22日

ひとり親家庭の方への独自支援策に関する市長メッセージです。

小中学校に通う児童生徒の保護者の皆様への市原市長メッセージです。

房総地域への来訪を考えている皆様への来訪自粛に関する市長メッセージです。

4月21日

市内中小企業、個人事業主の皆様への緊急経済支援策に関する市原市長メッセージです。

食べよういちはらキャンペーンに関する市原市長メッセージです。

市長メッセージ(4月17日)

保育所・認定こども園・学童保育等をご利用の皆さまへの市原市長メッセージです。

市長メッセージ(4月8日)

新型コロナウイルス感染症患者の発生に関する市原市長コメント(4月5日)

千葉県の発表によりますと、新型コロナウイルス感染症と診断された市原市在住の方が、初めて確認されましたので、お知らせします。

現在、千葉県市原健康福祉センター(市原保健所)等による濃厚接触者の把握を含めた疫学調査が進められております。

引き続き、千葉県や千葉県市原健康福祉センター(市原保健所)と連携して、適切な情報提供に取り組んでまいります。

市民の皆様には、「換気の悪い密閉空間・多数が集まる密集場所・間近で会話や発声をする密接場面」という3つの条件のいずれかにあたる場を避けるとともに、不要不急の外出自粛、こまめな手洗いや咳エチケットなどの基本的な感染症対策を徹底されますよう改めてお願いいたします。

本市では、これまで「市原市新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置し、市内公共施設の一部閉鎖や主催事業等の延期や中止、不要不急の外出の自粛要請など、感染症発生の予防に取り組んでまいりました。

今後も全力で、感染拡大防止に取り組んでまいりますので、冷静な対応とご理解、ご協力をお願い申し上げます。

市原市長 小出 譲治

新型コロナウイルス感染症患者等の発生状況

市民の皆さまに注意していただきたいこと

市長メッセージ(4月3日)

新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。

現在、県内や近隣の都道府県において、新型コロナウイルス感染症患者が複数確認されていることから、千葉県知事から県民の皆様に、東京都内への外出だけでなく、今週末(4月4日、5日)と来週末(11日、12日)は、県内全域において不要不急の外出と平日夜間の外出を自粛していただくよう要請がありました。

市民や事業者の皆様には、最も感染拡大のリスクを高める環境である、「換気の悪い密閉空間」、「多数が集まる密集場所」、「間近で会話や発声をする密接場面」という、「3つの密」と言われる条件が重なった場での行動を、可能な限り控えていただけますようお願いいたします。

今後も、国や専門家会議の判断を参考にするとともに、千葉県と連携し強い危機感を持って感染症対策に取り組んでまいりますので、市民の皆様におかれましても、引き続き感染拡大の防止にご理解とご協力ただきますよう重ねてお願いいたします。

市原市長 小出 譲治

新規ウインドウで開きます。4月2日公開|新型コロナウイルス感染症に関してのお願い/知事からのメッセージ /ちばコレchannel(外部リンク)

市長メッセージ(3月17日)

市長コメント(3月13日)

新型コロナウイルス感染症に関しましては、いまだ拡がりを見せている状況です。
国の専門家会議では、爆発的な感染拡大には進んでおらず、一定程度持ちこたえているものの、同時に依然として警戒を緩めることはできないとの見解が、新たに示されました。

そこで、市としましても、感染の拡大を回避するため、極めて重要な時期にあり、積極的な対応が求められることから、本日、「第2回市原市新型コロナウイルス感染症対策本部会議」を開催し、3月31日(火曜)までのイベント等の原則延期または中止、公共施設の一時休館の延長を決定いたしました。この期間延長の考え方につきましては、国や専門家会議の判断を参考にしながら適切に対応してまいりますので、ご理解とご協力をお願いします。

なお、新型コロナウイルス感染症に関する誤った情報や噂に惑わされず、国、県、市が発信する正確な情報に基づき行動していただくとともに、引き続きこまめな手洗いや咳エチケットなど感染予防に取り組まれますようお願いいたします。

市原市長 小出 譲治

市長コメント(2月26日)

現在、新型コロナウイルス感染症が日本国内で拡がっています。
本市では、2月25日に、2回目の「市原市新型コロナウイルス感染症対策会議」を開催し、感染拡大防止の強化を図るため、危機管理体制を一段引き上げ、同日、「市原市新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置いたしました。

また、新型コロナウイルス感染症の拡大の恐れが減少するまでの当面の間、狭い密閉空間で一定時間の滞在が伴うイベントや、屋内で不特定多数の高齢者が参加するイベントなどについて、市民の皆様の安全・安心を第一に考え、延期、中止等の対応をしていくこととしました。

現在、市の窓口におけるアルコール消毒液の配置、市内公共施設や関連団体への新型コロナウイルスに関する情報提供などを行っており、今後も市民の皆様が不安にならないよう、情報提供の充実を図るとともに、国、県と連携し強い危機感を持って新型コロナウイルス感染症対策に取り組んでまいります。

市民の皆様におかれましては、新型コロナウイルスへの対策として、引き続きこまめな手洗いや咳エチケットなど感染予防に取り組まれますようお願いいたします。

市原市長 小出 譲治

お問い合わせ先

保健福祉部 保健福祉課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎2階
電話:0436-23-9813 ファクス:0436-24-7135

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る