このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

ロタウイルス予防接種(令和2年8月1日以後生まれのお子様が対象です)

更新日:2020年10月1日

ロタウイルス胃腸炎について

 口から侵入したロタウイルスが腸管に感染して発症します。感染力が非常に強く、手洗いや消毒などをしっかりしても、感染予防をすることが難しいため、乳幼児のうちに、ほとんどの子どもが感染します。下痢や嘔吐は、1週間程度で治りますが、下痢、嘔吐が激しくなると、脱水症状を起こす場合もあり、乳幼児の急性胃腸炎の入院の中で、もっとも多い感染症です。一生のうちに何度も感染するウイルスですが、初めてロタウイルスに感染した時は、特に重症化しやすく、まれに脳や腎臓に影響をおよぼすこともあり、注意が必要です。生後、すぐに感染する場合もあるので、ワクチンの接種は、早い時期に完了させましょう。

ロタウイルス胃腸炎予防ワクチンについて

 令和2年8月1日以後生まれのお子様は、令和2年10月1日から、ロタウイルス予防接種が定期接種となりました。
 ロタウイルスワクチンは2種類あり、ロタウイルスを弱毒化してつくった生ワクチンで飲むワクチンです。

対象年齢及び接種間隔等

種類

対象年齢等

間隔・回数・接種量など

ロタリックス

出生6週から24週0日まで

中27日以上の間隔で2回
各1.5ml経口接種

ロタテック(5価)

出生6週から32週0日まで

中27日以上の間隔で3回
各2.0ml経口接種

※腸重積の副反応を避けるため、初回接種は出生14週6日までに実施してください。

※どちらのワクチンを選んでも、効果や安全性に差はありませんが、接種回数が異なります。
 途中で種類の変更はできません。最初に接種したワクチンを2回目以降も接種します。
※どちらのワクチンも、対象年齢を過ぎてしまった場合は接種することはできません。
※吐き出しても一定の効果はあるため、再接種する必要はありません。
※腸重積の既往歴のあるお子様、先天性消化管障害を有するお子様(先天性消化管障害の治療が完了したお子
 様は除く)、及び重症複合免疫不全症の所見が認められるお子様はロタウイルス予防接種を受けることが出来
 ません。

副反応について

 主な副反応は、下痢・嘔吐・胃腸炎・発熱などで、まれにおきる重大な副反応としてアナフィラキシーがあります。また、ロタウイルス予防接種を受けてから約1~2週間は、腸重積症(腸の一部が隣接する腸管に入り込み、腸が閉塞した状態になる疾患)のリスクが高まる可能性があります。以下のような症状が、1つでもみられた場合は、腸重積症が疑われるため、速やかに医療機関を受診しましょう。
 ■泣いたり不機嫌になったりを繰り返す■嘔吐を繰り返す■ぐったりして顔色が悪くなる■血便がでる
 (※医療機関を受診した際、必ずロタウイルスワクチンを接種したことを医師などに伝えてください。)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

保健福祉部 保健センター
市原市更級5丁目1番地27
電話:0436-23-1187 ファクス:0436-23-1295

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

予防接種

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る