このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

11月14日は世界糖尿病デーです

更新日:2020年11月12日

11月14日は世界糖尿病デー、11月9日から15日は全国糖尿病週間です

新規ウインドウで開きます。世界糖尿病デー公式HP(外部リンク)


ブルーサークル

11月14日は「世界糖尿病デー」です。2006年に国連に公認され、糖尿病予防に関する啓発活動が世界160カ国以上でおこなわれています。国連のテーマカラーである「青」と、団結を表す「輪」を組み合わせたブルーサークルをシンボルマークに、糖尿病抑制を目指した国際的な活動として推進されています。

糖尿病ってどんな病気?

日本の糖尿病患者およびその予備軍は、合わせて約2000万人と言われています。(平成30年版厚生労働白書より)糖尿病はいくつかの種類に分類されますが、日本では95%以上が二型糖尿病で、食べ過ぎや肥満、運動不足のほかにも、体質や加齢が要因となり、すい臓から出るインスリンが不足したり、インスリンの働きが低下したりすることにより血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高い状態が続く病気です。

動画で詳しくチェック!

あなたは大丈夫?食後高血糖


保健センター11月の壁掲示物は、「あなたは大丈夫?食後高血糖」です

偏食があって生活が不規則な「偏食有子(へんしょくありこ)さん」と、バランスの良い食事をゆっくり時間をかけて、よく噛んで食べる「バランス良男(よしお)さん」。この2人の食事の内容や、食後の血管の中の様子を掲示しています。詳しくは下記PDFでご覧ください。若い方や、空腹時血糖が低い方でも、実は食後高血糖になっている可能性があります。食後高血糖の状態は血管内に負担を与え、動脈硬化を起こす可能性や、がんや認知症などの病気のリスクが上がることもあると言われています。

糖尿病予防のためにはお口のケアも大事です

歯と口腔の健康は、糖尿病や認知症と深い関係があり、全身の健康に大きく影響することがわかっています。よく噛んでおいしく食べるために、かかりつけの歯科医をもち、定期的に歯科健診を受けましょう!

大人のスマイル歯科健診

毎日の生活を少し変えてみませんか?

糖尿病をはじめとする生活習慣病は、毎日の積み重ねによって引き起こされる病気です。
スマート・ライフ・プロジェクトのホームページでは、生活習慣に関する様々な内容をご紹介しています。

新規ウインドウで開きます。スマート・ライフ・プロジェクトHP(外部リンク)

「健康寿命をのばしましょう。」をスローガンに、国民全体が人生の最後まで元気に健康で楽しく毎日が送れることを目標とした厚生労働省の国民運動です。運動、食生活、禁煙の3分野を中心に、具体的なアクションの呼びかけを行っています。(スマート・ライフ・プロジェクトHPより転載)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

保健福祉部 保健センター
市原市更級5丁目1番地27
電話:0436-23-1187 ファクス:0436-23-1295

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る