このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

H26年度 福増クリーンセンター 機械職(男性)

更新日:2014年8月19日

先輩職員インタビュー


福増クリーンセンター機械職職員

市原市役所を希望した理由

私は、技術系の職種で人の役に立つ仕事がしたいと考え、民間企業を含めて就職活動をしていました。
その一環として市の採用説明会に参加しました。私は説明会に参加するまで、公務員の仕事は変化を嫌い、穏便に仕事を進めていく体制ばかりだと思い込んでいました。しかし「どうすれば市がより良くなるか考えて積極的に仕事をしている」と熱く語る先輩職員の姿を見て、その認識が間違っていたことに気づき、行政の仕事に興味を持ちました。
市の仕事について調べてみると、上下水道事業やごみ処理事業、公共施設の管理など、市民の方々の生活に直結する事業が多くあることが分かりました。自分の住むこの町をより良くし、多くの方々に貢献する仕事がしたいと思い、市原市で働きたいと強く思うようになりました。

現在従事している仕事について

私は現在、市内の一般家庭等から出たごみを燃やす焼却施設の維持管理を担当しています。

施設は年間の運転計画を立てて運転していますが、機械は常に動いているため少しずつ劣化・破損し、最悪の場合、焼却炉が停止してしまいます。私の仕事は、施設がトラブルによって停止しないよう修繕計画を立て、年間の計画に沿った施設の運転ができるようにすることと、発生したトラブルに対応し、少しでも早く施設を復旧させることです。

私はこの職場に来て2年目になりますが、配属された当初は施設の設備について全く分からず、施設の管理を任されたことに対してのプレッシャーもありました。急にトラブルが発生して対応に苦労することもありましたが、職場の同僚に助けてもらいながら、計画通りの運転ができたことに大きな達成感を感じています。

また、福増クリーンセンターに見学に来る小学生の案内も私の仕事の一つです。子ども達にとって「ごみ」を意識する初めての機会なので、分かりやすく説明するように心掛けています。興味津々な子ども達の案内はとても楽しく、元気を分けてもらいながら充実した毎日を過ごしています。

ごみ処理事業は人々が暮らす上で欠かすことのできないものです。私達の仕事は、全ての市民の方々の生活を支えているため大きな責任がありますが、だからこそ市民の方々の生活に直接貢献している実感を得ることができます。
私の所属するのは技術系の係ですが、ヘルメットを被って機械を触るだけではなく、設計や事務処理などのデスクワークなど色々なことを経験することができます。そして、一年目から施設を任せてもらえる職場なので、専門的な知識も多く学ぶことができます。
時には失敗することもありますが、経験した分だけ自分自身を成長させることができ、一年が終わる頃には大きな変化を実感することができます。

受験希望者へ送るメッセージ

行政の仕事内容は様々ですが、どの仕事でも市民の方々の生活に大きく関わっていてやり甲斐があります。また、人との関わりが多く、その中で得られることが沢山ある仕事でもあります。
職場の人達は、市原市を良くするために真剣に考えている人達ばかりで、皆さんが困った時にはすぐに助けてくれます。これからの市原市をより良くしていく為に一緒に頑張りましょう。
皆さんと一緒に仕事ができるのを楽しみにしています!

お問い合わせ先

総務部 人事課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎2階
電話:0436-23-7246 ファクス:0436-21-1720

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る