このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

市原市まち・ひと・しごと創生総合戦略2020を策定しました。

更新日:2020年4月16日

市原市まち・ひと・しごと創生総合戦略2020 ~ワクワクする未来を始めよう。~(第2期:2020年度~2026年度)

策定の趣旨と視点

本戦略は、前総合戦略(第1期:2015年度~2019年度)に掲げた目標である「誇りの創生」と活力ある社会の形成に向け、人口減少対策に重点化したプロジェクトとして策定しました。

  • 定住人口27 万人の維持と交流人口500 万人への拡大
  • 関係人口の拡大
  • 新たな時代の流れを力とする
  • 若者・女性をターゲットとした施策展開

計画の期間

2020(令和2)年度から2026(令和8)年度 (7年間)

  • 市原市総合計画と同一の目標年度とします
  • 社会経済情勢や国・県の動きを捉え、計画期間内であっても改定や見直しを行います

施策体系

本戦略では、多様な都市構造を有する本市の地域特性を生かし、市域全体を対象とするコア戦略に加え、北部を中心に展開するエリア、中南部を中心に展開する里山エリアの3つに大きく区分し、それぞれに基本目標を掲げています。

基本目標1:市原発のイノベーションと若者・女性の活躍による新時代の創生(コア戦略)

若者の転入超過への転換や公民連携による地域課題の解決に向けた「オープンイノベーションプロジェクト」をはじめ、空き店舗の利活用によるエリアの価値向上を図るリノベーションまちづくりプロジェクトや、次世代リーダーの育成、いちはらファンによる関係人口の創出・拡充、若者・女性との対話と連携など、思い切った新たな取組を重層的に展開し、市原から地方創生を実現します。

基本目標2:市原のひとと産業が開く都市の創生(都市エリア)

JR3駅周辺を中心に、基幹産業である臨海部工業や地域産業と一体となって、先端技術を積極的に活用したまちづくりを進め、持続可能な都市のモデルとして未来のゲートウェイを描いてまいります。
加えて、地域産業の持続的な成長に向け、人材育成や新産業の誘導などを推進し、多くの若者の力が集まり地域をけん引するまちを実現します。

基本目標3:市原ならではの魅力づくりによる持続可能な里山の創生(里山エリア)

地域おこし協力隊や、地域に愛着を持つ若者とともに、本市の里山での豊かな暮らしを創出し、若者の移住・定住を促進します。
さらに、市原版DMOによる「世界に一番近い SATOYAMA」のブランド力向上、ICTを活用した農業の進化、森林の適正な管理による資源保全など、里山の魅力を、交流人口や関係人口の拡大につなげます。
 

市原市人口ビジョン

概要

市原市の人口は平成15年をピークに減少傾向にあります。
市原市の人口が減少してきた要因には、大学等の進学時や就職時に転出が増加していること、さらにその後結婚などを機に転出していることがアンケート調査等により明らかになっています。
平成27年の住民基本台帳の人口を基に、現状のまま推移すると10年後の平成37年にはおよそ26万5千人に、平成72年にはおよそ17万2千人に減少することが見込まれます。
そこで、市原市まち・ひと・しごと創生総合戦略に掲げるさまざまな施策を講じることで、平成37年におよそ27万人、平成72年にはおよそ21万人の人口規模の維持を展望しています。
 

市原市まち・ひと・しごと創生総合戦略(第1期:2015年度~2019年度)

概要

市原市まち・ひと・しごと創生総合戦略概要

総合戦略は、人口減少を克服し、将来にわたって活力ある社会を維持するため、国の長期ビジョン・総合戦略を踏まえ、地域の特性や資源を活かした実効性の高い施策を戦略的に推進する計画です。今年度に策定予定の新総合計画を先導する「戦略的施策」として策定しました。
基本目標に

  1. 新たな価値を創出する先進的な産業の振興
  2. 新たな魅力を生み出す賑わいと交流の拡大
  3. 若者・女性の希望を叶える支援の推進
  4. あらゆる世代の多様な活躍の推進
  5. 子どもたちの未来へつなぐ確かな教育の推進と文化の振興

を掲げ、これらを支える施策横断の取組として、ICTの利活用や戦略的な情報発信、2020年東京オリンピック・パラリンピックなどの国際大会を契機としたレガシーの創出、多様な主体との連携、JR駅周辺の活性化と交通ネットワークの強化を掲げました。

これらの施策に取り組み、「ひと」、「しごと」、「まち」の好循環を創出し、愛着と誇りを持つことのできる市原市の創生を目指します。
 

国の地方創生に関する動き

新規ウインドウで開きます。まち・ひと・しごと創生本部ホームページ(首相官邸)(外部リンク)

新規ウインドウで開きます。地方創生特集ページ(政府広報オンライン)(外部リンク)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

都市戦略部 拠点形成推進課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎4階
電話:0436-23-7244 ファクス:0436-23-7701

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る