このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

千葉県立市原高等学校と地域共創に関する協定を締結しました。

更新日:2019年5月28日

令和元年5月22日、市原市と千葉県立市原高等学校は、市原市南部の地域社会の活性化と地域人材の育成に寄与することを目的として、地域共創に関する協定を締結しました。

小出市長(市原市)、小林校長(市原高等学校)

趣旨・目的

市原高等学校は、平成31年4月に市原高等学校と鶴舞桜が丘高等学校が統合し、市原市南部にある唯一の公立高校として新しくスタートしました。「地域共創」「自主自律」の校訓のもと、特色ある学校づくりを進める市原高等学校と、「ひとの活躍」を都市像に掲げる本市が相互に連携・協力することで、市原市南部の地域社会の活性化と地域人材の育成を目指します。

連携事項

(1)地域で活躍する人材の育成に関すること
(2)ゴルフの振興等地域産業に関すること
(3)市原市南部地域の活性化及びまちづくりに関すること
(4)その他、この協定の目的を達成するため必要な事項に関すること

具体的な連携事業(現時点で予定しているもの)

ゴルフの街いちはらの推進

・市原高等学校は、特色ある学校づくりを推進するため、ゴルフ部を創設しました。ゴルフ部の指導者や練習環境の整備等ゴルフ部の活動に必要な体制づくりを市原市及び地域と協力しながら行います。
・ゴルフ体験やゴルフ産業の探究、園芸科によるコース整備など、地域産業との連携により、本市への理解を深めるとともに地域で活躍する人材を育成します。

「市原地域探究」のカリキュラム導入

・市原高等学校は今年度から、将来にわたり地域で活躍する人材を育成するため、「市原地域探究」のカリキュラムを導入しました。
・同カリキュラムにおいて、本市の職員等による講演や資料提供などの協力を行います。

市原市南部活性化事業

・地域おこし協力隊や商店街との連携、いちはらアート×ミックスにおけるボランティア活動等、南部地域の活性化のため連携して事業を実施します。
・高校生が参加することで、若い力やアイデアを活用することができるだけでなく、高校生にとってもボランティア活動等を通じて様々な経験をすることができ、地域で活躍する人材の育成につながります。

お問い合わせ先

企画部 総合計画推進課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎2階
電話:0436-23-9820 ファクス:0436-21-1720

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る