このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

いちはら未来トーク

更新日:2017年6月5日

いちはら未来トークを開催しました。

市では、これからのまちづくりの羅針盤となる「市原市総合計画」を平成29年3月に策定しました。
いちはら未来トークでは、市原市総合計画の完成を小出市長から参加された皆様にご報告するとともに、市原市で活躍されている方々をゲストに迎え、様々な視点から市原市の魅力について、お話しいただきました。
当日は260名もの皆様にご来場いただき、会場は大盛況となりました。
また、市原市勤労会館1階のエントランスにおいて、今年6月からオープンした子育てネウボラセンターによる赤ちゃん人形の抱っこ体験、中央図書館によるトークゲストの書籍の展示や読み聞かせ、市原商工会議所による上総いちはら国府ブランドの展示を行いました。会場の一角では、市原市総合計画基本構想の冊子デザインを手がけた市原市地域おこし協力隊員の高橋さんの活動紹介や、冊子表紙の写真を提供していただいたニュージーランド人写真家のデイモン・ベイさんの写真展示などを開催し、来場者の方々を楽しませました。
外のイベント会場では、市原市の産品の展示、販売を行い、多くの方にお買い求めいただきました。

いちはら未来トーク

いちはら未来トークの模様はこちらからもご覧いただけます。

小出市長から来場された皆様へ市原市総合計画の完成を報告しました。

いちはら観光大使で宝林寺住職の千葉公慈さん、リオデジャネイロパラリンピックトライアスロンに出場された秦由加子選手、市原市田淵で「Mai Cafe」を経営されている國岡妙子さん、市原市地域おこし協力隊の高橋洋介さんをゲストに迎え、様々な視点から市原市の魅力についてお話しいただきました。

千葉さんは、「計画は作ってからが大事。仏作って魂入れず、とならないようにしないといけない」、「日本の文化は、内からの誇りと外からの評価によって価値を高めてきた。市原市の魅力を発信し、外からの評価を高めるお手伝いをさせていただきたい。」と力強いお言葉をいただきました。
また、「市原市からは縄文時代の石器などが多数見つかっている。これは何千年、何万年前から住みやすい場所であったことの証左です。」と市原市の魅力を語っていただきました。

秦選手からは、「自然が多く、空気もきれいで、練習をするにはスペシャルな場所。自転車競技の練習をするにあたって、市原市南部の信号がない環境は非常に魅力的。また、車に乗ってる人も”頑張って”と声をかけてくれる」とアスリートならではの視点から魅力を語っていただきました。
また、「自分自身が変わるきっかけとして水泳をはじめ、パラリンピック出場を目指して、これまでの経験が生かせるトライアスロンに転向しました。陸上競技では自身で義足の調整をしないといけないので、これをきっかけに義足の外装を外しました。」とご自身の転機をお話しいただきました。

國岡さんからは、「市原市南部は実は子育てするにはとても良い環境。安全、安心な食材が簡単に手に入る。地域で見守っていただいている。地域が子育てネウボラ状態です。」と子育て、女性目線からの魅力を語っていただきました。
また、「市原市は食材が豊富で、お店で提供しているものは、豚肉や鶏卵も含めてすべて半径5キロ以内でつくられたものです。」と食の魅力を語っていただきました。

高橋さんからは、「東京から養老渓谷の小さな集落にある空き家に引っ越してきた。地域を愛して、自分の生まれ育った場所をよくしていこうという人たちがすごく多いことに驚いている」と地域に入りながら活動し、感じたことをお話しいただきました。
また、「若い人が戻ってこれる、戻りたいと思うような企画をしていきたい。若い方、仲間が増え、様々な活動が展開できたらと思います。」と今後の目標を語っていただきました。

外のイベント会場では、市原市の産品が展示、販売されました。
8店舗の出店があり、イベント会場は商品を買い求めるお客様で賑わいました。

基本構想冊子

いちはら未来トーク当日に頒布した「市原市総合計画基本構想」冊子については、以下のリンク先からダウンロードできます。

未来に向けて(総合計画・総合戦略ポータル)

最新の情報を御覧ください。

※内容は一部変更となる場合があります。

開催日時

平成29年6月3日(土曜日)10時30分から12時00分まで

会場

市原市勤労会館(youホール) 3階 多目的ホール
(市原市更級5丁目1番地18)

勤労会館地図

駐車場の台数に限りがございますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。
徒歩の場合:五井駅東口から徒歩15分
バスの場合:五井駅東口から「国分寺台」行き又は「中央武道館」行きへ乗車、「保健センター・youホール前」で下車

定員

300名まで(先着順)
当日直接会場へご来場ください。
なお、参加者多数の場合はお席をご用意することができない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

トークゲスト

千葉 公慈 さん
平成23年より駒沢女子大学の教授としてご活躍する傍ら、テレビ朝日の番組『お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺』にも出演されていました。
全国各地の講演会等で『南総里見八犬伝』のヒロインのモデルといわれる「里見種姫(さとみふさひめ)」の話題とともに市原市をPRする一方で、毎週土日曜日や祝日に養老渓谷駅前で市内飲食店の露店によるおもてなし活動をする団体「いっぺあde渓谷」の代表を務められています。
平成28年からは市原市観光大使として活躍しています。

秦 由加子 さん
リオデジャネイロパラリンピック トライアスロン女子PT2 6位入賞
平成19年から水泳に挑戦し、平成22年から平成24年まで強化指定選手として、国内外の水泳大会に出場していました。
平成25年にトライアスロンへ転向し、平成26年からは、トライアスロン強化指定選手として、国内外の様々な大会に出場しています。
平成28年には「市原市市民栄誉賞」を授与されました。

國岡 妙子 さん
中房総スタイル株式会社 、Mai cafe(市原市田淵)で活躍中
家族との時間を大切にするため、市原市田淵へ移住、Mai cafeを開業し、地元食材を使ったランチ、コーヒーやエクレアなどを提供しています。
また、カカオ豆にこだわったチョコレートづくりに取り組んでおり、店舗やインターネットで販売しています。
イベント当日はMai cafeさんも出店されます!

高橋 洋介 さん
武蔵野美術大学卒業後、都内でグラフィックデザイナーとして活躍していました。
平成29年2月に市原市地域おこし協力隊として指名され、4月から本格的に活動を開始しています。
現在は、東京都目黒区から市原市朝生原へ住居を移し、地域とともに様々な活動を行っています。
先日まで開催されていた「いちはらアート×ミックス2017」の期間に合わせ、朝生原の自宅を開放し、これまで行ってきたインタビューの紹介や現在考えているアイディアについて、訪問された方々と意見交換してきました。
市原市総合計画基本構想の冊子デザインを手がけています。

同時開催イベント!!市原の名産品販売など多数のイベントを予定中!!

いちはら未来トーク当日は、市原市中央図書館前広場で、市原市の魅力や市の施策を体験できる様々なイベントを予定しています。
現在予定中のイベント
・出張!あかちゃん人形抱っこ体験
・絵本の読み聞かせ会(12時から13時まで)
・映画上映会(各回ともに定員50名、先着順、上映30分前より受付)
 11時から(上映時間 33分) 「はらぺこあおむし」
 13時30分から(上映時間 136分) 「東京物語」(小津安二郎監督作品、1953年)
・いちはらの”おいしい”を楽しむ!出店、キッチンカーによる”食”の販売
・市原商工会議所イチ押し!いちはら国府ブランド即売会   など

楽しいイベントが盛りだくさん!ぜひご来場ください!

新規ウインドウで開きます。いちはら国府ブランドについてはこちらから(外部リンク)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

企画部 総合計画推進課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 市役所5階
電話:0436-23-9820 ファクス:0436-21-1720

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る