このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

公民連携(官民連携)のまちづくりの推進

更新日:2020年7月15日

 市原市では、これまで、高度成長期の人口増加に対応するため、土地区画整理事業など公共事業を中心に道路、公園、下水道などの公共インフラや住宅地を整備してきました。
 日本全国で人口減少局面に入った今、次の世代に負担をかけずに魅力的なまちを残すためには、まちづくりの方向をこれまでの「量的拡大」から「質的向上」へと転換し、これまでに造ってきたまちや、使われていない空間をうまく使いこなすことが重要です。
 そのために、行政と民間がそれぞれの強みを生かしたまちづくりを進めるための施策に取り組んでいます。

市原市拠点形成構想

 魅力あふれる拠点づくりを公民連携によって実現するため、まちづくりの方向性とメニューの提案として、令和元年8月に「市原市拠点形成構想」を策定しました。

市原市拠点形成構想を策定しました

JR3駅周辺のまちづくりに関する勉強会の開催

 JR3駅(八幡宿駅、五井駅、姉ケ崎駅)周辺の各エリアにおける将来の課題とそれを踏まえたビジョンを、市と住民・事業者で共有するため、令和元年12月から、各駅周辺でまちづくりに関する勉強会を開催しています。

姉ケ崎駅周辺のまちづくりに関する勉強会

五井駅周辺のまちづくりに関する勉強会

八幡宿駅周辺のまちづくりに関する勉強会

都市再生推進法人の指定等について

 都市再生推進法人とは、都市再生特別措置法に基づき、まちづくり会社やNPO等に公的な位置付けを与え、優良なまちづくりの担い手の積極的な活用を図る制度です。

都市再生推進法人の指定等について

制度の概要及び指定手続についてのページです。

公共資産利活用の民間提案制度について

 市では、公共施設等の更新費用等を縮減しつつ、将来世代に安心安全な資源を引き継ぐため、公共資産マネジメントに取り組んでいます。
 平成28年3月に策定した公共資産マネジメント推進計画においては、その手法として、公民連携の推進を掲げており、そのための仕組みとして、民間提案制度を設けています。

民間提案制度(いちプレ:公共資産の利活用)について

新規ウインドウで開きます。官民連携まちづくりポータルサイト(国土交通省)(外部リンク)

コンパクトなまちづくりの推進(立地適正化計画)

お問い合わせ先

都市戦略部 拠点形成推進課 コンパクトシティ推進室
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎3階
電話:0436-23-9838 ファクス:0436-21-1478

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る