このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

上総国府のまち いちはら 更級日記千年紀

更新日:2019年11月5日

平安トロッコ列車でタイムトリップ!

10月24日「上総国府のまち いちはら 更級日記千年紀」を広く周知するため平安トロッコ列車を運行しました。当日は、華やかな衣装に身を包んだ約50人を乗せ、小湊鉄道五井駅から上総村上駅を往復。参加者は、平安装束を着て、トロッコ列車で田園風景の中を走るという幻想的な旅を楽しみました。参加した女性は「市原にゆかりのある更級日記について調べてみたい」と笑顔で話してくれました。

更級日記衣装着装体験

平安時代当時の装束を模した衣装を着て写真撮影できます。
日時:12月7日(土曜日)午前9時30分~午後1時、12月8日(日曜日)午前10時~午後5時
会場:五井大市会場内
対象:5歳以上
費用:1,000円
参加方法:当日直接会場へ
問合先:市原市観光協会 0436-22-8355

平安トロッコ列車運行決定!

平安時代の装束に身を包み、小湊鉄道のトロッコ列車に乗車し、現代に平安貴族がタイムトリップする平安トロッコ列車を運行します。当日、装束を着て、トロッコ列車に乗車していただける参加者を募集します。

日時

10月24日(木)午前8時30分から午後1時

集合場所

サンプラザ市原

運行区間

小湊鉄道五井駅から上総村上駅の一往復

人数・費用

抽選で40人・無料

申込方法

9月30日(月)までに電話で申し込む。

申込先

市原市観光協会 0436-22-8355

市原ゆかりの日記文学「更級日記」

 更級日記は平安時代中頃に、菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)によって記された回想録です。日記の冒頭部分は、上総国司である父の任期が終わり、上総国府のある市原市から平安京へと帰る場面です。この時が寛仁4年(1020年)であることが分かっており、2020年は菅原孝標女が帰郷して千年の節目に当たります。
 更級日記は、市原市にゆかりのある作品です。市原市では、千年の節目を迎える2020年に向けて、更級日記と市原市の歴史遺産の周知活動を行っていきます。
 更級日記の内容などについては下記リンクをご覧ください。

新規ウインドウで開きます。更級いちはら紀行(外部リンク)

また、市原市観光協会がプロモーションビデオを作成し、公開しています。こちらもご覧ください。

新規ウインドウで開きます。市原市観光協会ウェブサイト(外部リンク)

更級日記千年紀のロゴと菅原孝標女のイラストを活用ください

 更級日記千年紀のロゴと菅原孝標女のイラストを作成しました。画像は自由にご利用することができます。画像データの取得を希望する方は、下記の「このページの問い合わせ先にメールを送る」から必要事項と希望する画像の名称を入力して送信ください。

お問い合わせ先

生涯学習部 ふるさと文化課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎2階
電話:0436-23-9853 ファクス:0436-24-3005

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る