このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

更級日記千年紀講演会を開催

更新日:2020年12月7日

平安時代の女流文学作品として名高い「更級日記」。2020年は、作者である菅原孝標女が、帰京のため市原市にあった上総国府を出発した1020年から千年の節目の年です。その千年を祝うイベントの一つとして「更級日記千年紀講演会」を開催します。
当日は、平安時代の文学や京の様子、市原の歴史などについて学びます。

開催案内

日時

令和3年3月13日(土曜日)午後2時~4時

会場 

市原市市民会館大ホール

出演者

(1)ロバートキャンベル氏(日本文学研究者、国文学研究資料館長)
ニューヨーク出身。専門は江戸・明治時代の文学、特に江戸中期から明治の漢文学、芸術、思想などに関する研究を行う。テレビでMCやニュース・コメンテーター等をつとめる一方、新聞雑誌連載、書評、ラジオ番組出演など、さまざまなメディアで活躍中。
(2)山路直充氏(市立市川考古博物館学芸員)
早稲田大学教育学部を卒業後、市立市川考古博物館で学芸員として勤務する。日本考古学、特に有史時代の古代が専門研究分野であり、国分寺台で上総国分尼寺跡などの発掘調査に携わった。千葉大学及び千葉大学大学院の非常勤講師を兼任。

内容

第一部:キャンベル氏「その春、世の中いみじうさはがしうて―感染症と日本古典の深い結びつきについて―」
第二部:山路氏「『更級日記』にみる上総国府」

人数・費用

先着750人(全席指定)・無料

申込方法

令和2年12月20日(日曜日)午前9時以降に窓口か電話で申し込む。

申込先

市原市市民会館
0570-043-043

更級日記千年紀特設ウェブサイト

新規ウインドウで開きます。更級日記千年紀特設ウェブサイト(外部リンク)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

生涯学習部 ふるさと文化課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎2階
電話:0436-23-9853 ファクス:0436-24-3005

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る