このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

市原市の新指定文化財(平成30年度)

更新日:2018年5月31日

市原市の新指定文化財(平成30年度)

ここでは、平成30年度に新たに指定した文化財を紹介します。

姉崎山王山古墳出土遺物

市原市教育委員会は、平成30年5月1日付けで、『姉崎山王山古墳出土遺物』を市指定文化財(考古資料)に指定しました。

所有者・管理団体(所在地)

市原市教育委員会(市原市埋蔵文化財調査センター:市原市能満1489番地)

概要

 市原市には、1500基を超える古墳が存在していますが、全長が60mを超える古墳は市内に17基しかありません。このうち9基は姉崎地域に位置しており、これらの古墳の集まりを「姉崎古墳群」と呼んでいます。
 姉崎山王山古墳はこの姉崎古墳群の一つで、姉崎神社のある台地の西側先端部に位置しています。全長69mの前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)で、築造時期は古墳時代後期の6世紀中頃と考えられます。昭和38年に造成工事によって消滅しましたが、事前に行った発掘調査で、多くの貴重な遺物が出土しており、このうち副葬(ふくそう)された4点の遺物を市指定文化財(考古資料)に指定しました。
 今回指定したのは、金銀装単龍環頭大刀(きんぎんそうたんりゅうかんとうだち)()ロク(竹かんむりに録)、金銅製冠(こんどうせいかんむり)編組製品(へんそせいひん)です。
 金銀装単龍環頭大刀は、銀装の柄部分には楕円形をした龍の体部を、その中央には炎を吹く龍の頭部を鋳造により表現しています。この大刀によく似たものが、朝鮮半島の百済(くだら)武寧王陵(ぶねいおうりょう)から出土していますが(523年頃のものと推定)、山王山古墳の龍の表現の方が、やや簡素化しているため、年代は百済武寧王陵のものよりやや新しくなると思われます。
 胡ロクは矢を収納するための武具です。本体は木製であったと考えられますが、腐食して残っておらず、飾金具(かざりかなぐ)と収納されていた矢の先端(鉄鏃(てつぞく))が出土しています。飾金具の幅は約30cmであり、胡ロクの飾金具としては長大なものとなるため、平胡(ひらこ)ロクと呼ばれる形式で、主に儀礼用として用いられたことが想定されています。
 金銅製冠は厚さ0.65mm前後の、非常に薄い銅板の表裏に金箔を張った冠です。冠の内側からは青銅に銀箔を張った耳環(耳飾り)も発見されており、豪華なつくりとなっています。また、冠に接して頭蓋骨が発見されており、被葬者が冠を装着した状態で埋葬されたことが分かる数少ない事例です。
 編組製品は植物の繊維を編んだ敷物です。埋葬施設の底面から発見されており、埋葬の際に棺の下に敷いたり、棺を包んでいたことが想定されています。埋葬の様子を知ることのできる、全国的にも類例の少ない貴重な資料です。
 姉崎山王山古墳から出土したこれらの遺物は、保存状態が良好で、埋葬当時の様子を伝える資料として、全国的にも類例が少なく貴重であり、またその組み合わせは、姉崎古墳群の被葬者の権力を示す豪華なものであることから、平成30年5月1日付けで市指定文化財(考古資料)に指定しました。


胡ロク出土状況


金銅製冠出土状況。中央の円形が耳環

新規ウインドウで開きます。遺跡の深層(外部リンク)

新規ウインドウで開きます。市原電脳博物館(外部リンク)

新規ウインドウで開きます。姉崎神社の路(外部リンク)

市原市埋蔵文化財調査センターのHPです

お問い合わせ先

生涯学習部 ふるさと文化課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎2階
電話:0436-23-9853 ファクス:0436-24-3005

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る