中小企業等経営支援金について

更新日:2020年8月27日

趣旨

新型コロナウイルスの感染拡大により、市内の中小企業、小規模事業者、個人事業主等の皆さまは、深刻な影響を受けており、資金繰りをはじめとした経営相談など切実な声が多く寄せられています。そこで、地域に根差した市内中小企業等の経営の下支えとして、市独自の支援金を支給することで、売り上げが減少している事業者を支援します。

支援金額

1事業者10万円(申請は1事業者につき1回限り)

申請要領

申請する前に必ず申請要領の内容をよくご確認いただき、ご自身の該当するパターンの必要書類を用意の上、申請してください。
申請要領は下記リンク先より確認してください。
また、第1・2庁舎受付案内、市役所商工業振興課、五井会館(商工会議所)、各支所でも配布しています。

申請手続き

申請受付期間

令和2年5月22日(金曜日)から令和2年9月30日(水曜日)まで

受付方法

オンライン申請郵送で受け付けます。
なお、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から窓口による対面受付は行いません。
オンライン申請の方が郵送よりも速やかな交付が可能となります。

オンライン申請

該当するパターンによって、申請ページが異なります。
必ず要領、早見表をご確認いただき、必要書類のデータ化を済ませた上で、申請してください。
また、申請ページに行く前に下記事項について今一度、ご確認ください。

・事前に申請要領は確認されましたか?
・対象要件に該当していますか?
・必要書類に不足、不備はありませんか?
・振込先通帳の間違いはありませんか?
・アップロードした画像は文字、数字が判別できますか?
・減収月の売上台帳等の写しの対象個所に着色等は済まされましたか?
・一定時間(60分)経過後、自動ログアウトしますので、ご注意ください。
・9月30日(水曜日)16:00までに申請してください。

オンライン申請ページの操作に関しては下記マニュアルをご覧ください。

郵送申請

申請書類を以下の宛先に郵送してください。
郵送にあたっては、簡易書留など郵送物の追跡ができる方法で郵送することを推奨します。
(9月30日(水曜日)の消印有効)

【宛先】
〒260-0015
千葉市中央区富士見2‐15-11 IMI千葉富士見ビル4階
市原市中小企業等経営支援事業 事務局(JTB千葉支店内)

対象要件

千葉県の「千葉県中小企業再建支援金」の対象要件を満たすこと。
ただし、「主たる事業所」の所在地は市原市内とする。
具体的には以下の7つの要件をすべて満たしている必要があります。

1.中小企業基本法第2条第1項における会社及び個人※1(以下、中小企業者という。)、社会福祉法人、医療法人、特定非営利活動法人(以下、NPO法人という。)、一般社団・財団法人、公益社団・財団法人又は組合等※2のうち、支給対象となる業種※3を営む者であること
※1,2,3 申請要領P2,3参照

2.新型コロナウイルス感染症の拡大により、売上高が前年同月(令和2年1月から令和2年8月の内、任意のひと月)と比較して50%以上減少していること。
※平成31年4月から令和2年4月6日(緊急事態宣言の前日)の間に新規創業、事業承継、法人成した中小企業者も対象。

3.市原市内に「主たる事業所」(本店)※を有する中小企業者であること。
※法人の場合は、法人税の確定申告書別表一に記載された納税地。
 個人事業者(青色申告)の場合は、所得税の青色申告決算書に記載された事業所所在地。
 個人事業者(白色申告)の場合は、所得税の収支内訳書に記載された事業所所在地。
 NPO法人・公益法人等の場合は、履歴事項証明書または根拠法令に基づき公的機関認可済みの法人等設立関係書類に記載の事業所所在地。

4.事業内容が公の秩序若しくは善良の風俗を害することとなるおそれがないこと。

5.事業を営むに当たって関連する法令及び条例等を遵守していること。

6.新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき千葉県が休業等の要請を行った施設を有する者にあっては、当該要請に応じていること。

7.「暴力団排除に関する規定」を遵守していること。また、本件について千葉県警察本部に照会する場合があることについて予め承諾すること。

必要書類

1.市原市中小企業等経営支援金申請書(第1号様式、第1号様式の2)

※オンライン申請の場合、入力フォーム

2.振込先口座を確認できる書類(通帳の写し)
※法人の場合、法人名義。個人事業主の場合、本人名義

3.市原市で事業を行っていることが確認できる書類
※法人の場合、法人設立届書の写し等

※個人事業主の場合、
・開業届出書の写し等+本人確認書類の写し(運転免許証、パスポート等)の2点セット

4.国持続化給付金、千葉県中小企業再建支援金を受給し、交付決定通知書を受理している場合は下記のいずれか
・国持続化給付金あるいは千葉県中小企業再建支援金の交付決定通知書の写し
・国持続化給付金あるいは千葉県中小企業再建支援金の振り込み記録

国の持続化給付金あるいは千葉県支援金の受給が確認できる場合は5.以降は省略できます。

5.前年の確定申告書の写し
※法人の場合、下記2点セット
・法人税の確定申告書別表一の写し(1枚)
・法人事業概況説明書の写し(2枚)

※個人事業主(青色申告)の場合、下記2点セット
・所得税の確定申告書第一表の写し(1枚)
・所得税の青色申告決算書の写し(2枚)

※個人事業主(白色申告)の場合、下記2点セット
・所得税の確定申告書第一表の写し(1枚)
・所得税の収支内訳書の写し(1枚)

6.減収月の売上台帳等の写し
※申請書記載の減収額が確認できるようにマーカー等で着色願います。

7.新規創業・事業承継・法人成特例、NPO法人・公益法人等特例の場合、
・特例に該当することが確認できる書類の写し

支給の決定

申請を受理した後、その内容を審査の上、適正と認められたときは支援金を支給します。
申請書類の審査の結果、本支援金を支給する旨を決定したときは、後日、交付決定通知書を発送いたします。

よくある問い合わせ

Q1.添付書類は、開業届出書、法人設立届出書がなくてもよいか?
A1.市原市で事業を行っていることが確認できる書類が必須です。
手元にない場合は、下記書類をもって代えることも可能です。

【法人の場合】
・法人税の確定申告書別表一の写しの納税地に「市原市」の住所地が記載してあること。

【個人事業主(青色申告)の場合】
・青色申告決算書の事業所所在地に「市原市」の住所地が記載してあること。

【個人事業主(白色申告)の場合】
・収支内訳書の事業所所在地に「市原市」の住所地が記載してあること。

Q2.窓口で受け付けているか?郵送先に直接申請書類を持ち込んでよいか?
A2.新型コロナウィルス感染拡大防止のため、直接持ち込みはご遠慮ください。必ずオンラインまたは郵送提出をお願いいたします。

Q3.本支援金を複数回受給することはできるか?
A3.1回限りの申請となります。

Q4.国の持続化給付金や千葉県の中小企業再建支援金を申請すれば、市の支援金ももらえますか?
A4.それぞれ申請していただく必要があります。

Q5.フリーランスの場合は支給対象になりますか?
A5.雇用契約によらない業務委託契約等に基づく事業活動からの収入を、主たる収入として税務上の事業所得で確定申告をしている場合、対象となります。

Q6.支援金は課税対象になりますか?
A6.課税対象です。詳しくは最寄り税務署にお問い合わせください。

その他

国の持続化給付金、千葉県中小企業再建支援金について

経済産業省、千葉県でも同様に中小企業、個人事業主等を対象に支援金制度を実施しています。
詳しくは下記リンク先よりご確認ください。

問い合わせ先

支援金専用番号にお掛けください。
なお、問い合わせが集中している場合があります。時間をおいて、お掛け直しください。

市原市 商工業振興課 支援金担当
TEL 0436-23-9772(直通) 平日9:00から17:00まで

お問い合わせ先

経済部 商工業振興課

電話:0436-23-9836

ファクス:0436-22-6980