このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

定例記者会見(平成28年11月15日開催)

更新日:2016年11月21日

『いちはらアート×ミックス2017』の実施について

災害応援協定の締結に伴う調印式について

税に関する絵はがきコンクール表彰式について

児童福祉に関するポスター・標語コンクール表彰式について

いちはらスマイルカンパニーの表彰について

市原市青少年健全育成推進大会の開催について

質疑応答

『いちはらアート×ミックス2017』の実施について

(記者)
今回の来場者数の目標数を教えてください。
(回答)
前回の87,025人を超えることを目標としています。
(記者)
会見の中で流したPR動画は、今後どこかで放映する予定がありますか。
(回答)
ただ今のPR動画は試作のものであり、これからアーティストによる作品制作が始まってから、制作の様子などを盛り込んだ完成版のPR動画を作成し、ホームページなどで公開する予定です。
(記者)
前回の総合ディレクターだった北川フラム氏が、今回は参加していない理由を教えてください。
(回答)
前回は市施行50周年事業の一環として大々的に実施しましたが、今回は予算の問題もあり、同規模での実施は不可能であるという判断をいたしました。北川フラム氏と直接お会いしての3回にわたる協議の中で、今回は総合ディレクターの役割をお願いしないことを決定しました。
円満な協議の中での決定であり、北川氏に前回築いていただいた方向性やアーティストとのつながりをそのまま引き継ぐことの了承はいただいており、前回の約3分の1程度の予算での実施を予定しています。
(記者)
今回は総合ディレクターを置かないということですか。その場合、どのように進めていくのでしょうか。
(回答)
実行委員会の事務局が取りまとめをして進めていくことになります。また、前回から参加いただいているアーティストの方々に各会場のプロデュースをしていただき進めてまいります。
(記者)
前回と今回の予算を教えてください。
(回答)
前回は決算額で約3億8,800万円、今回は来年度予算が確定していませんが予算額で約1億4,000万円を見込んでいます。
予算規模は小さくなりましたが、各公民館や文化団体連合会の協力などもあり、期間中は市内全域で芸術祭を開催しているようなイメージになりますので、来場者数の増加を期待しています。
(記者)
これまで、会期は4月8日から5月7日までの開催として周知していましたが、1週間の延長はどういった判断によるものですか。
(回答)
前回の実績として、ゴールデンウィーク明けの1週間も来場者が多かったことから、最終的に実行委員会の中で1週間延長することを決定しました。
(記者)
実行委員会はいつ開催されましたか。
(回答)
10月26日です。
(記者)
アーティストに向けた周知のときから、2度の会期変更がありましたが、この期間が最終決定ということでよろしいですか。
(回答)
はい。
(記者)
前回の反省点として、広報宣伝がよくなかったというアンケート結果がありましたが、会期の二転三転も見方によっては広報体制がしっかりしていないように受け取れますが、市長としてはどのように考えますか。
(回答)
事前に周知していた会期は予定であり、実行委員会の中で最終決定する旨もお知らせしていました。会期の変更というよりは最終決定したということです。
市内向けの広報は大きな課題としてとらえておりますので、今後も市内向けの広報を徹底し、わかりやすい情報発信に努めてまいります。
(記者)
3年に一度の開催を目指すという考えだったと思いますが、現在はどのように考えていますか。
(回答)
第1回が2014年、今回の第2回が2017年ということで、3年に一度という当初の考えは踏襲できました。今回は50周年事業とは違い、市民が主役の芸術祭としたいと考えています。次回の開催については明言できませんが、3年後の2020年は東京オリンピック・パラリンピックの年です。今回の芸術祭で明確な成果を上げ、市民に根付いた芸術祭として成功することが、次回につながるものと考えています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

企画部 シティプロモーション推進課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎4階
電話:0436-23-9821 ファクス:0436-23-7701

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る