このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

市長定例記者会見(平成29年11月27日開催)

更新日:2017年12月15日

「AdiosAmigo―銅版画家深沢幸雄追悼特別展―」等について

ヘルプマークの配布について

加茂学園PTAが日本PTA全国協議会会長表彰を受賞

質疑応答

「AdiosAmigo-銅版画家深沢幸雄追悼特別展-」等について

Q.市長から改めて、深沢先生の功績を伺えますか。また、今回特別展に至った経緯を教えて下さい。

A.深沢先生は、銅版画家として、紫綬褒章やメキシコ合衆国のアギラ・アステカなどの国民的顕彰を受賞されており、日本版画協会理事長や多摩美術大学名誉教授を歴任するなど、若手作家の育成にも尽力され、文化の発展に多大な貢献をされました。市原市にお住まいになり、市で教鞭をとられていたことから今回こういった対応となりました。
本来であれば、名誉市民ということで、市民葬の対象でもあったのですが、ご遺族の意向もあり、一周忌を待って追悼特別展をやらせていただくことになりました。

Q.偲ぶ会は、式典といったイメージではなく、親交のあった方々が故人を偲ぶというイメージでしょうか。

A.そうです。
ゆかりの方ということでは、南アルプス市立美術館の向山館長が深沢先生の研究の第一人者ということでおいでいただく予定です。

Q.タイトルに込めた意味はどういったものでしょうか。

A.アディオス・アミーゴは、スペイン語でさらば友よと言う意味があります。
この言葉は、深沢先生が授業の終わりや、訪問された方が帰られる際によく使っていたそうです。

Q.100点の作品は市が所有しているのですか。

A.市、ご遺族、教え子が持っています。お借りする作品もあります。
良い方だったので、教え子に作品をあげたりもしていたみたいです。
遺作となった「鳥達の会話」をはじめとして、エピソードのある作品を選定しています。
また、まだ詳細は決まっていませんが、偲ぶ会の後に、市が主催するのではなく、地域の皆さんが第2部を計画しています。

Q.連携会場の7会場も含め、今回の企画は大規模だと思いますが、こういったことも初めての試みですか。

A.そうです。名誉市民として芸術家を選定したことがなく、過去の経緯もないですから。
功績を称え、多くの市民に見に来ていただきたいと思います。

Q.湖畔美術館での追悼特別展の開館時間を教えて下さい。

A.平日は、10時から17時まで。土曜日、祝祭日の前日は、9時半から19時まで。日曜日と祝日は、9時半から18時となっており、月曜日が休館日(月曜日が祝日の場合は翌平日が休館日)となっています。
また期間中は、どの施設も無料です。

ヘルプマークの配布について

Q.障害者週間の期間中に限って配布するということですか。

A.ヘルプマークは1,000個用意しており、障害者週間に合わせて配り始めますが、配布期間は障害者週間に限らず、用意したものがなくなるまで配布します。

Q.配布期間後も要望があれば、追加作成を考えていますか。

A.県が先行して作成したヘルプカード1,120枚を、市内で配布しましたので、それと同じ程度の数ということで1,000個としています。
それで不足するようであれば、追加で作成したいと思います。

Q.デザインは、市独自のものになりますか。

A.このデザインは、JIS規格にも登録されていますので、全国共通のデザインになります。

Q.多くの自治体で、独自の取組をされているところが増えているとお聞きしましたが、市内でも当事者からの要望はあがっていたのでしょうか。

A.今回の総合計画の理念の中にもありますが、障がいがある方もない方も、住み慣れた地域で安心して暮らせるまちづくりをしたいという思いがありますので、障がいがある方から強い要望があった訳ではなく、市から提供したいという思いで取り組んでいます。

Q.想定される使われ方としては、市民の方が、公共の場でこのマークを見たときに、できる限りの配慮をしてほしいといったことでしょうか。
A.そうですね。ハードだけではなく、市民性もバリアフリーの市原市をつくりたいという思いがありますから、これをきっかけに、どんどんそういった市民意識が広がっていくことも期待しています。

Q.県内の他の自治体で配布しているところはどこですか。

A.市川市が試行的に障がい者団体に配布したほか、松戸市、野田市も配布を行っています。

Q.市原市は4市目ということですか。

A.そうですね。ただ、市川市は、障がい者団体経由で配布しており、少し性格が異なっているかもしれません。

Q.デザインは、どの市も同じですか。

A.JIS規格に登録もされており、全国共通のデザインになっています。

Q.裏面にシールが貼ってありますが、これは何か書き込むためのものですか。

A.基本的には、ヘルプカードに必要事項を記入してもらいますので、ヘルプマークに記載する事項は決められてはいません。ただ、お困りになった際にアピールしたいことを記入していただければいいかと思います。
個人情報の関係もありますので、記入内容は利用者に選択していただければと思います。

Q.配布窓口は、全部で何カ所になりますか。

A.全部で、26カ所になります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

企画部 シティプロモーション推進課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎4階
電話:0436-23-9821 ファクス:0436-23-7701

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る