このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

市長定例記者会見(平成31年2月13日)

更新日:2019年3月5日

市原市総合計画第一次実行計画2019年度版(案)及び2019年度当初予算(案)

2019年度に向けた行政組織機構・職員配置

その他案件1 市原市と株式会社千葉銀行が包括連携協定を締結

その他案件2 仕事と子育ての両立を支援する企業を顕彰

その他案件3 行財政改革アクションプラン2 2019(素案)のパブリックコメントを実施

その他案件4 アリオ市原に期日前投票所を開設

その他案件5 ふるさと名物応援事業を活用した新商品「いっぺあプリン」が完成

その他案件6 市原市・千葉市・四街道市の農産物が学生パティシエによりスィーツに変身!

その他案件7 ポストカード「市原美景」シリーズ新発売!

質疑応答

市原市総合計画第一次実行計画2019年度版(案)及び2019年度当初予算(案)

Q.
 予算編成の中で、一番力を入れたのはどこですか。

A.
 人口減少対策に、しっかりと対応していかなければいけないと考えていることから、多世代同居・近居支援などです。
 また、連続するスポーツの国際的な大会においては、一過性のスポーツの祭典で終わらせるのではなく、レガシーをいかに遺していくかを意識し、総合的な展開を図っていきたいと思います。

Q.
 過去最大規模の予算ということですが、今回、大幅に過去最大規模を更新した主な理由はどういったことが挙げられますか。

A.
 実行計画の最終年度であり、これまでの成果を出していく必要性があること、また、法人市民税など市税の増収の伸びによる裏付けもあり、積極的な予算編成となりました。
 具体的には、3点の重点施策に財源を重点的に配分することにより、着実な施策展開を行っていきます。
 中でも、市原市まち・ひと・しごと創生総合戦略に掲げる施策のうち、人口減少、雇用減少に対し、産業支援センター(H29~)による中小企業支援の強化を図るなど、産業支援がポイントになってくるかと思います。

Q.
 地磁気逆転地層の関係では、新規予算や拡充はありますか。
A.
 予算については拡充しています。

Q.
 「(仮称)いちはら歴史館」はどこに建設されるのでしょうか。

A.
 埋蔵文化財調査センターを増築し、建設する予定です。

Q.
 建設費はいくらですか。

A.
 計画予定額を含め、1,614,905千円です。

Q.
 地磁気逆転地層の展示もする予定ですか。

A.
 地磁気逆転地層については、現地を整備していく予定であり、現在のところその予定はありません。

Q.
 実行計画に掲載されている消防ロボットシステムは、いつ頃配備される予定ですか。また、他の市町村にも配備されているのですか。

A.
 配備は、全国で市原市が初めてとなります。配備予定時期は、2019年4月第2週頃で、配置場所は八幡消防署、運用開始時期は2019年6月を予定しています。

2019年度に向けた行政組織機構・職員配置

Q.
 今回組織を強化するのは、どういった分野になりますか。

A.
 近い将来、首都直下型地震が高い確率で起こることが想定されています。市民の安心・安全を考え、危機管理体制の強化を図りたいと考えています。

Q.
 防災対策担当主幹の任期は何年ですか。

A.
 2年です。

Q.
 職員の配置について、施策実現に向けた重点配置をされるとのことですが、それぞれ何人増員されるのでしょうか。

A.
 地区防災計画の策定のため1名増員、第3回いちはらアート×ミックスの開催のため3名増員、学校空調設備の整備のため2名増員、地磁気逆転地層の活用のため1名増員予定です。

Q.
 昨年までは、行政組織機構改革(案)として出されていたと思いますが、今年は違うのでしょうか。

A.
 先日の議員全員説明会で議会への説明は済んでおりますが、職員定数については、議案を上程する予定です。

Q.
 恒常的な時間外勤務の縮減ということで、具体的な課名等があげられていますが、時間外勤務が集中する理由はありますか。

A.
 財政課は、予算編成等に時間がかかること、保育課は、国の制度改正に伴う事務が多くなっていること、選挙管理委員会事務局は、選挙を控えていることが挙げられます。
 

Q.
 さいたま市などでは、保育所などの入所認定にAI等を活用していたかと思いますが、市原市ではそのような予定はないのでしょうか。

A.
 市原市においても、単純な事務作業はICTの技術を活用し、職員が創造的な仕事のためにもっと時間を割けるようにしていきたいと考えています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

企画部 シティプロモーション推進課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎4階
電話:0436-23-9821 ファクス:0436-23-7701

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る